■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校1年生の天然息子と、中学1年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住16年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いっぽいっぽ
さらっと雪。
凍っている地面を歩くと、
ザクッザクッと音がして、
後ろには足あとがついて来て、
イマがじっくり感じられる。

過去の検証と未来への計画で
いつも頭が忙しい。
イマが自動運転になりがちだ。
大切なのはイマココ。イマココ意識して。
隣では、誰かの足あとも進んでいる。

さぁ、今日も一日。
いっぽ、いっぽだねー。

16864911_1234470909968333_5013736082241187382_n.jpg


スポンサーサイト
NPO法人奏海の杜 | 00:24:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
大阪経営ゼミ研修
1月ももう1/3が過ぎたなんて!

年明け早々アクシデント勃発で、
東奔西走、熟慮断行。
ハードな学びをいただいた。
まさに、
「事件は現場で起こってるんだ!姉さん!」
・・・混じってる。しかも古い^^;

でも、やっぱり奏海は持ってる〜〜!
人のサポートや優しさ、そして幸運、
素敵な連鎖がビシビシ繋がって、ひと段落。
憂いも宿題も残してるけど、ホッとした。
ありがとう神さま、人さま。

で、さらなる学びの旅へ。
着いたらまずは、
私に役目を与えてくれた師匠へご挨拶。
新しいアイディアに満ち溢れていて、
いつもチャレンジされている。
困難な状況には飄々と対峙する。
背中を見て学べる人がいてくれるのは、
本当に幸せだ。。。

と、噛みしめつつ、今回の大舞台へ。
4ヶ月前から個人で深めて皆で擦り合わせて、
熱く挑んでいる研修、昨日は初日。
さすが大阪、募金箱にも笑い満載。
数分に一回は笑いの起こる中、
大きな大きな学びをもらっている。
自分が濃くなるのを実感している。

温かく送りだしてくれた仲間と、
任せて!と言ってくれた家族と、
共に学び楽しく高め合える仲間と、
舞台を創ってくれた方々、
快く迎えてくれる方々、あーたくさん。
やっぱりここでも人に感謝して。

今日は奈良、明日は神戸。
2017年1月前半、濃いー。

15965350_1196058043809620_7234792118658591666_n.jpg


NPO法人奏海の杜 | 00:17:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
総会終了
総会が終わって27年度が締まって一段落。
全身全霊で大感謝です、safchat!

28年度計画の総意を得られたので、
まずは進むだけでしょ。というのは、
レールが見えたのは、ホッとする。
いや、相変わらずの綱渡りだもの、
見えたのはツナか。
ホッとしてちゃ落ちちゃうね。^^;

東北へ来て15年、
関西の常識と違うことがたくさん。
学んだのは、物事には必ず二面あって、
どちらにも
それなりの正当な根拠が見つかるってこと。

いわば、どちらも正解で、
大切なことは、
自分で選んで決めるということ。
プラス面の根拠を見つけるということ。

というわけで、
我らの選択も正解です。きっと。^^

13319954_998127106936049_1004095883996169469_n.jpg


NPO法人奏海の杜 | 08:46:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
終わらない27年度
終われない27年度。
年度末・年度始め特有の特別な役務に加え、
マンスリーな業務、デイリーな案件対応、
将来を見据えた打ち合わせ等々、
通常業務も容赦ない。当然だけど。
忙しいと心を亡くす。
私大丈夫?自分が自分でなくなる。怖い。
自己嫌悪に陥りながら、仲間に助けられて、
それでも一歩は前進出来たかしらと、
今日を振り返って、なんとか明日に繋げる。
あーもー今日も日をまたいだ。

GW、約1ヶ月ぶりに自宅へ寄った。
主のいない家で、庭木が元気だった。
いや、主だけがいる家か^^;
クロッカス、チューリップは終わってて 、
八重桜、ブルーベリーは花盛り、
大手毬や金木犀が順番を待っていた。

季節は確実に移ろう。
やがてこの忙殺の日々も終わる。
心が亡くならないうちに
どうかお願いします。

結局、神だのみ!( ̄▽ ̄)

13082608_986867458062014_3622680346854040568_n.jpg


NPO法人奏海の杜 | 08:42:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
恩人のお別れ会
今日は恩人のご葬儀に参列して参りました。
病気がわかった時にはもう末期で、
あっという間に旅立たれてしまいました。
最後は病院も強い薬も拒否して
ずっと自宅で過ごされたとのこと。
スピードと地域生活を大切にする彼らしい。

いろいろな壁に直面するたび
「やるだけです」
弱っちい私の背中を、
明るく優しく押してくださいました。
膨大な知識の中から、イマココに
必要な事を提案してくださいました。
具合が悪くなってからも、
弾丸トーク電話を何回も下さいました。
不甲斐ない私は
彼のペースで進められないことばかり。
でも、ずっと心配してくれていました。

障がいだけでなく高齢や難病、困窮など
様々な要因で生きにくさを抱える人たちが
生き生きと生きられる地域を目指して、
常に利用者さんの目線で、
法律や制度とも戦って来られた方でした。

大阪では巨星が落ちたと悼む方々が、
大勢集まっていました。
献花が終わらず温かい涙に包まれて、
最後は参列者全員のありがとうで送り出した
お人柄が偲ばれる素敵なお別れ会でした。

アクシデントで現場の人が足らないのに、
決算大詰めでやり取り無限大なのに、
温かく送り出してくれた奏海仲間。
しっかりお礼が言えたので前へ進めます。
ありがとう。

さて。
明日からは再び、待ったなしの現実!

13051765_979579378790822_6324136952199825488_n.jpg


NPO法人奏海の杜 | 07:41:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。