■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大雪の朝
あ!子どもコケた!カワイイ!
サラサラの雪でまだ滑りにくいけど、
明日は我が身だ。気をつけよう。。

渋滞の前に街を抜けようと、
いつもより30分早く家を出たのに、
もう車、動かないー。
雪より風より
人が多いのが災害やわ(笑)
登校の子どもらに癒されながら悶々。

まだ10キロも進んでない。
また職場遠いなー。
みんなご無事でー。

26904380_1551390568276364_5842874046031875589_n.jpg


スポンサーサイト
セカンドハウス生活 | 08:07:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
自宅の大掃除
今年のクリスマスは南三陸へ。
思い出の場所を歩いたあとは自宅大掃除。
震災後慌ただしく毎日が過ぎ、
後手後手になっていた整理整頓を。
ゴミ袋は8つにもなった。

息子が小学校へ入学する時にもらった
通学路ハザードマップには、
かつての町並みが切り取られていた。
「容易に河原へ降りることができ危険」
「道幅が狭いため車との接触事故が危険」
様々なコメントが添えられてあった。

そう。以前は、
川は生活のすぐそばにあり、
道は細太直曲、入り乱れており、
風景は、ゆったりと人が創ってきた歴史
を感じるものだった。
危険を身近に感じながら安全を選んできてた。
そういう思考回路が人間力を高める気がする。
と、復興工事でごっつく整えられた河川堤
を眺めながら遠い目になった。

10年以上前の地元新聞リレー随想も出てきた。
今は亡き大切な友人にバトンを繋いでいた。
私は今と同じような自論を書いていて、
彼女も昔と同じようなことを書くんだろう。
バームクーヘンのように年輪を重ねながら、
こうやって核ができて行くんだなと思った。

他にも子どもらの作品、手紙、原稿、記事、
懐かしさに何度も何度もフリーズした。

本丸に攻め込んでしまったぞ、大掃除。
でも結局、
ラスボス 写真関係にはたどり着けず。
と、先送り〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

25734209_1524027737679314_1536960735414602389_o.jpg


セカンドハウス生活 | 08:00:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
Jアラート
8月29日は久々にあの警告音を聞き、
バクバクした朝。あの音自体が悩ませる。
そして、地震か?と画面を見たら
ミサイルって!!
そしてチロは寝たまんま。
なんてこった。

頑丈な建物や地下へと言われても、
取るべき行動が見当たらず、
お弁当を作り続けていた。
朝でよかった。家族みなが一緒でよかった。
と、むしろホッとしながら、
だし巻き卵を焼いていた。
バラバラだった津波の日の夜、
心配で不安で千切れそうだった時と
比べながら。

大切な人とは近くにいた方がいいし、
遠くにいる大切な人とは、
会える時に何度でも会っておく方がいいな。
あらためて。

21150459_1419208404827915_9218676994087350087_n.jpg


セカンドハウス生活 | 21:44:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
南三陸の海岸
恒例のボラで久々南三陸へ。
同じベクトルで集う仲間たち、
なんと安心できることでしょう。
今日は4時間で157名の来場者だったとか。
目が回ったわけです。
でもやっぱいいな、にぎわい。

帰り道で15日にオープンした海水浴場へ。
かつての面影に配慮した復旧でした。
「海の公園」と呼んでベビーカーを積んで。
子どもらのはしゃぐ姿、自分の葛藤、
午後からのやませ、鮮明に蘇りました。
そういうのが日常だったんだなぁと、
なんかもう、物語のような非現実感。。

そう言えば、チロは海見たことあったっけ。
震災後生まれのやがて6歳。
海岸沿いはずっと工事で近づけなかった。
今度は一緒に行こう、チロ!

20229284_1377040625711360_8877725907130773984_n.jpg


セカンドハウス生活 | 21:35:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
雪道の運転
行きは地吹雪、帰りは白塗り、
どっちも道見にくい上に滑るし。薄暗いし。
けど、このドキドキが心地いいくらいに、
悲壮感はなかった。
今日は斉藤和義を熱唱して帰ってきた。
やっぱステキ。雪景色キレイ。
で、ひとり盛り上がって停めて一枚。

毎日100キロ運転の効果だなぁ。
学生時代を知ってる人は驚くよね。
教習所で一生車には乗らないと誓ったのに、
今は安全運転を誓いつつ。
必要は発明の母、上達の母だわ。

他者でなく過去の自分と比べる。
出来なくなったことより、
出来るようになったことにフォーカス。
ポジティブ大魔王の息子を見習って、
あしたも。

16425983_1215388965209861_1226916711510114826_n.jpg


セカンドハウス生活 | 00:21:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。