FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
実家にて
久々に実家へ寄ったら、
町内清掃と防災倉庫整理のスペシャルな日で、
母と一緒に参加する。
遊びに忙しい父の代わり(笑)
自分の地区活動をすっかりお任せしている、
申し訳なさへの言い訳にも。

日曜の午後に50名も集まって、
若者がトラック出して、リレーで保存水運び。
和気あいあいと作業が進み、
膨大な量の整理が約2時間で終了した。
この地区まだまだイケている・・と思いつつ、
子供会のバットもハッピももう要らないそう。
地区の世帯数は350以上あるそう。

高齢化が甚だしく、住民の意識の差も大きい。
「定年になったら帰ってくるんでしょ?」
そういうUターンが増えているらしい。
60代はここでも若手だ。
まだまだ伸びんと。

44028978_1864324363649648_5074781018758578176_o.jpg


スポンサーサイト



おでかけ | 23:02:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
女3人旅!
今回の旅のコンセプトは「普段しないこと」
まずは人気高級旅館に泊まるってことから
非日常でした。
出張なら3泊できる宿泊料よね!

顔出しパネルの写真を撮ってもらう、
恋みくじをひいてみる、結構真剣にひく、
キャーキャー騒ぎながらバカ写真を撮る、
豆腐を立ち食う、昼間から日本酒を呑む、
風呂あがりは地ビールでなくご当地サイダー、
夕暮れの温泉街を浴衣でそぞろ歩く。。

ネイルを塗ってもらったり、
朝から1時間も本を読んだり、
息子に手紙を書いてみたり、
お揃いで温泉キーホルダーを買ってみたり、
レトロパッケージ萌えでお土産を選んだり、
正統派女子トークが噴出したり!
まだあったかも、普段絶対しないこと。
銀山温泉のタイムスリップ空間が
非日常を盛り上げてくれたんですね。

ルーツも年齢も環境もだいぶ違う。
でも同じような役目にあって
同じような根っこを感じる仲間。
出会えて嬉しい。ありがとうー!

そしてこの3連休はお仕事三昧。
一気に日常!(笑)

おでかけ | 22:59:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
金婚式お祝い
レコード盤から流れるムーンリバーと、
私のためにひいてくれるコーヒー。
香りと静けさと雰囲気と、
なんとも言えない充足感に包まれる。
やっぱり何か見えないチカラがあるね、
コーヒーって。
もちろん日本酒浴びた後だけどー(笑)

両親の金婚式お祝いで非日常。
すごいよね、50年って!

37232817_1741656355916450_1483544286006870016_n.jpg


おでかけ | 22:49:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
両親へ。
大騒ぎで携帯のありかを探したのち、
父と近所の図書館へ。
書架も人口密度も高くて、ちょい暗め、
私が小学生の頃から変わらない雰囲気だった。
開放的で居心地のよいイマドキとは違うけど、
この閉塞感と圧迫感、
私には快適な読書環境かもしれない。

と、時間を忘れて読んでいたら、
目の端で、
父がカバンを放置しているのに気づく。
また置き忘れとる!
普段、普通に生活していることが、
とてつもなくミラクルに感じる。
地域のみなさま、ありがとうございます。。

手入れされた庭に吹く風が心地いいこと、
門扉のモッコウバラの黄色が優しいこと、
ウチか美容院かってぐらいタオルを使うこと、
この家には住んだことないのに、
実家だーーーと落ち着くのは、
やはり両親の存在だろう。

元気で仲良く長生きして下さい。心から。

31655583_1650166621732091_8193843731481231360_n.jpg



おでかけ | 22:34:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
昔のことは。
今回は久々の名古屋駅。
新幹線北口を出たら、
大学生の頃に帰省してた風景が蘇った。
名古屋駅めっちゃ変わったけど、
所々、記憶のまま。
昔のことはよく覚えているってホントやわ。

ランチに名古屋めし、
きしめん、味噌カツ、ひつまぶし、
迷って、鉄板ナポリタンにした。
トマトケチャップの濃い味と、
赤いウインナーと卵焼き。うまー。
こちらは高校生の頃の思い出。
胃袋が覚えているっていうのも、ホントだー。

31453972_1648967628518657_3890478601891479552_n.jpg


おでかけ | 22:33:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ