FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
母の誕生日 「★つ・ぶ・や・き★(1266520)」
今回は『家を建てちゃった人集合 (^^)v』ではなく、こちらのテーマへ。
さすがに違いすぎる~~。

今日は母親の誕生日でした。
私とは2日違い。
予定日は同日だったらしく、
「友達との賭に負けて1万円取られた」らしい。
取られたって言われてもね、私のあずかり知るところではなく。
そもそも「賭ける」ってどうなのよ。
子供的にはいろいろ思うところはありますが。

でも、母親と誕生日が近いのはずっと嬉しかったなー。
親近感というか。安心感というか。
自分の子供もこの辺でって思ってたのに、子供は二人とも夏生まれ。
無計画な家族計画・・。f^ ^;

そういう生まれたときのエピソードって聞くの楽しかった。
そしてよく覚えてる。

息子の出産の時は、
ダンナが予定日前後10日も有休取って、
東北(現住所)から関西(私の実家)へ来てくれた。
で、超安産で生まれてきた。彼が帰った翌日に。

娘の出産の時は、
前回の経験を元に、近場で出産を試みる。
彼女も陣痛30分の超安産。そして、ダンナが来たのは出産の30分後。

いずれ、親の思惑通りに行かなかった。
いつか子供に伝えたい。
そして私も覚えておこう。

それにしても、自分の親が還暦を迎えるというのは、
また感慨深いものです。
離れていて年に1,2度しか会えません。
いつか近場へ行きたいと思いながらやがて10年。
家まで建っちゃいました "/(*▽*)
元気で夫婦仲良くいてくれて、ホントに嬉しいです。

お祝いにこれを贈りました。
かばん
我が人生初挑戦のパッチワークです。
正確にはこの前に2作品あるのですが、ひょうたんになって旅立ちました。
パッチワークに「まっ、いいか」は禁物のようです。
アバウトな性格の人は心してかかるべきでしょう。
で、3回目。キッドのお世話になりました。

最初からこれにすれば良かったさー。

それでも、底と持ち手裏の生地を間違えたり、
裏の生地を小さく切ってしまったり、糸が足らなくなったり、
パーツが行方不明になったり、たりたりたり。
パッチワーク、2作目があるのかは限りなく疑問です。

他には、
娘が『おばあちゃんの顔』を書く。心で見て欲しい。
息子が『ノート』を作る。テープがバリバリ、書くスペースなし。
彼は、ファスナーの金具を刺繍糸に通して『ネックレス』も作っていた。
めちゃくちゃ可愛いーっ!本人は大絶賛でしたが、微妙すぎです。

一言で言うと、すべてガ○クタ。
でもプレゼントになっちゃうのね。
孫は使えるアイテムです。

還暦のお祝いって地域色あるのかな。
この辺では赤いちゃんちゃんこや帽子の他に、赤いパンツを贈るそう。
「下のお世話にならない」とか。
ちゃんと押さえときました。
親を思う娘心、涙でるねぇ♪


スポンサーサイト



つれづれ | 04:50:30 | トラックバック(0) | コメント(12)