FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
映画「東京タワー」のロケ地へ 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154266)」
友人から借りたリリーフランキーの『東京タワー
ミラクルに子供が早く寝て、一人の夜。
ちょこっとさわりだけでも読もうかなと午後11時。
開いたが最後、止められず、一気に読破。
涙と徹夜でボンボンに眼が腫れて、すごい一日が始まったっけ。

発売当初からずっと気になっていたけれど、自粛してた本。
それ、正解だったかも^m^
しばらく浸りきった空白の日が過ぎちゃった。
もう一度読みたい。本棚には購入した手の新刊。でもまだ読めない。
そんな感じで、私にはめっぽうしみる本です。

今回、くりでん乗車を速攻決行したのは、
終着駅がこの『東京タワー』のロケ地だと知ったことも大きかったです。
(りと様、まる様、ありがとうございます~~。m(_ _)m)

以下、写真で振り返るロケ地^^

東京タワー4
ポスターに使われてるアングル(ちょいズレf^^;)かな。
ロケ地でもメインストリートという感じでした。

東京タワー3
建物の脇にはマンホール、下に明かり取りの窓。
この内側がトイレだとわかる。
自分は昭和の人間なんだなと知りました。

東京タワー2
残された傘。
東京タワー5
残された植木鉢。
寂しさを感じるのは、
何もないじゃなく、何かがあるに対してなのですね。

東京タワー1
「何年貼ってあったんだろう」
一瞬、映画のセットと忘れていました。
そのくらい、真に迫った文字でした。
手書きの文字は雄弁だなと思いました。

東京タワー6
友達は「まる・きん・こ・たたみ」と読みました。^m^
いや、先に私が読んでいたら、同じ事でしたが。f^^;
向かい側には
東京タワー7
こちらは今風に「なかその」ですよね。
どういう時代考証なんでしょう。
表記が変化する、どっちもありの時代だったのかな。
画面に映すときに、別々の時代で使い分けていたのかな。

東京タワー10
遠ざかる近所のおばちゃん。絵になります。
このおばちゃんの数分前に観光客らしきおじさんがいましたが、
この場所で語っていた背中は、このおばちゃんでした。
あるモノをあるモノとして受け入れてる、そんな後ろ姿でした。
人は土地に馴染む、土地が人に入る、そんな気がしました。

行く道沿いにある木の電柱は、ロケのためにわざわざ抜き替えたとか。
東京タワー13
矢印が指す先、わかりますか、ペンキです。
おそらく遠景で見えるであろう電柱は、塗ってありました。
それに、
東京タワー9
家の脇には味噌樽や釜、焼酎の瓶、旧パッケージのタバコなど、
数々の小道具が。
無造作に置いてある一つ一つにもこだわった形跡があります。
映画を創る人々の熱意を感じました。

東京タワー11
正解は、日曜雑貨?日用雑貨?
昔はこう表記していたのかしら。
昔は雑貨って日曜に使うモノだった・・・わけないか。
このまま映画に使われるなら、注視してしまいそうな看板です。

東京タワー8
オカンの店?
古の建物の中のお品書きや暖簾がヤケに新しくて、そこだけ異空間のよう。
異空間なロケ地の中の異空間。
どっちが現なのかトリップしそうでした。
オカンの店だとしたら、
原作では店名「かっぱ」だったのが、「つばめ」になって。
若いツバメ、へのカッパ。
やっぱ「つばめ」だな。とかf^^;


残念なのは、
映画公開(4月)前に、
唯一のアクセス路線であるくりはら田園鉄道が廃線(3月末)になってしまうこと。
このロケ地が整備されて公開されるのも、廃線の後。
主なアクセスは自家用車になるのに、駐車場を特に用意する予定もないと。
週末なのに閉まっていた鉱山博物館。
動く気配のない遊具。
明らかに整備が遅れているロケ跡地。
たき火の跡も発見されたとか。整備どころか放置ですよ、これは。

田舎が抱えている問題の本質が、ここに集結しておりました。
都会の大波が去った後の、強者どもが夢のあと。
観光化が100%良いとは思わないけど、
自分の今の生活、起きてご飯食べて仕事して寝る、以外にも眼を向けてみませんか?
そんな気持ちです。

やっぱり『東京タワー』は泣けるなぁ。T^T


*****

東京タワー12
これは現在の細倉鉱山跡。
麓に広がる工場は、現役の会社でした。

*****

スポンサーサイト



おでかけ | 07:48:23 | トラックバック(0) | コメント(22)