■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヘルプです!
全国のバラ同盟な楽友さま、ヘルプです!
私の愛するテディベアが~!
写真、携帯からなのでぼけぼけですが、見えますか?
黒っぽい点々が葉っぱの至る所に・・・T^T

あ~~~、やっぱり私にバラは高度なのか。
ごめんよテディ。

救う手だてはありますか?
教えて下さい!!


スポンサーサイト
| 18:08:10 | トラックバック(0) | コメント(15)
熱中症 「『家を建てちゃった人集合 (^^)v』(40596)」
昨日は30度超の猛暑。
町の1年生は近くの公園まで行って、写生をしたそう。
そういえば、特にその辺のコメント聞いてない。
両膝の絆創膏も気になるけど、詳細不明。
というのも、
彼、39度超の熱で帰ってきたので。
そのケアで吹っ飛んでしまってた。

放課後になって「頭が痛い」と訴え、
測ってもらったら高熱だったそうで。
でも息子の話では、公園からの帰り道でもう頭が痛かったそう。

言わなきゃ。^^;;;

「言おうと思ったら、すぐ次の授業が始まって、
 授業が終わったら、すぐ給食になったんだもん」
しかも給食のカレーは完食したらしい。
小学1年生、気を使えるようになったのか。
いや、大人なら、その状態でカレーなんて絶対無理でしょ。
子供の気力体力って侮れないなと思う。
まぁ、言い出すタイミングを知るって経験によるしね、
まだ難しいのかもしれないけど。

おそらく熱中症。
これからの季節、怖いね。

今朝は熱も下がって元気っぽいのだけど、布団から起き上がるとフラフラ。
階段も一人で降りられない。
熱ってすごい体力を消耗させるんだね。
戦いの後の抜け殻って感じ。

おかげで、今日は私も臨時休業。
外は豪雨だし、ナイスタイミング。
・・・いや、看病看病。^^)v

彼の布団の横で、部屋の片付けでもしてみるかな。
娘のおもちゃ箱、すごいんだ。T^T

子ども達 | 09:59:05 | トラックバック(0) | コメント(10)
アルパのコンサート 「自分らしい生き方・お仕事(215699)」
今日は、小学校でアルパのコンサートを聞きました。
奏者はニコラス=カバジェロさん。
世界的にも有名なアルパ奏者だそうです。

私は、アルパの音色を直に聞いたことがありませんでした。
アルパというのは、

***以下 Wikipediaより抜粋***

アルパ(arpaまたはharpa)は、撥弦楽器の一種でスペイン語でハープの意味である。

日本では特にラテンアメリカのフォルクローレで用いられる民族的な楽器を指す。
パラグアイ・ペルー・メキシコ・中米などで演奏されており、
特に盛んなのはパラグアイである。
別名、ラテンハープ、インディアンハープとも呼ばれる。

アルパは爪で弾くようにして演奏する。
左手でベース、右手でハーモニーを伴ったメロディを演奏するのが標準的。
通常はヘ長調の音階で調律されており、
ヘ音(F)は赤、属音のハ音(C)は青の弦が張られている。
半音がでないため、ジャベ(llave)という器具を用いて半音を出す。
大人であれば素手で持ち歩くことができるほどの大きさだが、
共鳴箱が大きく見かけによらず豊かな響きを持っている。
楽器としてはかなり完成されたものと言える。

***以上 Wikipediaより***

日本では上松美香さんが有名かしら。テレビで見たことはあるかも。
その程度の知識(?)でしたが、
最近「本物」に飢えていた私は、もう、絶対聞きにいきたかったのです。

会場は小学校の体育館。
500人弱の全校生徒が膝を抱えて並ぶ。
その前の特設ステージに、おそらく母国の民族衣装をまとったニコラス氏。
傍らにはしなやかな曲線のアルパ。

その手先から生まれる音色は、
流れる大河のように壮大だったり、
磁器を針ではじくように繊細だったり、
無数の泡が弾けるようににぎやかだったり。

吸い込まれるような存在感と、包み込む旋律。
そして、圧倒的な異国、広い世界でした。

絵画を見るときも思うのですが、
本物に会うと、いつもそんなフワフワした心もとない気分になります。
その本物の持つ魅惑的な世界に浸りきった後、
一気に自分に戻る。
自分の中でのそんな変化が好きです。

そんな世界的な有名人が、この人口2万人にも満たない辺境の町の小学校で、
なぜ演奏会をしてくれたのか、不思議ですよね?
今回のコンサートは、
この町出身のあるお医者さんの尽力により実現しています。
町内の小学生はもちろん、保護者や広く町民の人々にまで、
皆に無料でこんな機会を与えてくれました。

本物の中に生きていて、
本物を認識する癖がついてない人が多いこの町。
子供たちに何かいい衝撃が走ることを祈ってやみません。

そのお医者さんは余命を悟り、今回の一連の活動をしています。
突き動かされるものを感じました。
アルパ。
生きていることの喜びを感じられる音色です。

つれづれ | 16:59:27 | トラックバック(0) | コメント(17)
聖母出現 「子育て奮闘記f(^_^;)(352027)」
あれは昨日の夜だったか、先週の夜だったか。
写真だったか動画だったか、まで不明。
最近、若年性・・って言葉に寒気を覚える。

・・・ま、しゃーないかっ。^^;;;

ともあれ、
シマウマがチーターを追いかける図を見た。
シマウマは気性が荒く、時にそんなこともしでかすとか。
知らなかったよ。地球はでかい。
でも、古来から日本にもあるね、窮鼠は猫を噛むらしい。
「やってらんねーぜっ!」って感じかな。
私もよくある感情なのですけどね。
噛みませんよ、大人ですから。

でも、今日は危うかった。

子供ってのは、より本能の人間。
有事のベクトルが相手に向きがち。
ウチに関して言えば、娘は、ホントに典型的な幼児。
特に昼寝をしなかった夕方なんて、瞬間湯沸かし器だから。
さっきも、
娘が出したオモチャを「片づけなさい!」
ちょーっと強く言ったら、

バンッッ!!!

オモチャを床にたたきつけて、ムッツリコンコンだよ。
何さまだっ、おい!
悪の所在を明確にしようじゃないか。
窮親猫、子猫も噛むかもしれないぞっっ!!!

( ̄△ ̄#)

息子にはなかった、この5倍返し。
一瞬驚くけど、相手は3歳。
眠くて、自分をコントロール出来ないの。
「ホントは悪いの分かってるんだよね」
と言うと、ポロポロ泣き出した。

ういヤツ♪
親ってのは、ホントに有り難いものだぞ。我ながら。

今日の私は余裕があった。
聖母出現。
おかげで気持ちの良い夕げであった。

ミラクル、次回は1年後。( ̄▽ ̄)

子ども達 | 20:46:31 | トラックバック(0) | コメント(16)
まるさ~ん(^O^)/
ウチも、おばあちゃんのお土産でいただきました♪
サクッとポクッと、塩味も絶妙で美味しいねー。
この食感は自分じゃ作れないわ。
小袋10個入りで840円。
スーパー購入なら、コストパフォーマンス悪いけど、
お土産ならアリかも。
北海道の厳選ジャガイモ、オホーツクの塩、
付加価値を考えると妥当なのかも。


某ミニコミ誌の内容や資金繰り、広告や本誌の価格設定、
に、四苦八苦な私。

学ぶことは多いぞ、じゃがポックル!


つれづれ | 14:51:34 | トラックバック(0) | コメント(10)
オニヤンマ 「『家を建てちゃった人集合 (^^)v』(40596)」
今朝は雨。今はどんよりハッキリしない天気。
東北地方もやっと梅雨入りしたようです。
そして、沖縄は梅雨明けとか。
北海道は梅雨がないわけだし、ホント、日本列島って長い。

育った関西では、GWから入梅までが結構暑い。
このプレサマー、ずっと東北では感じられなかったのに、
最近認識出来るようになってます。
なんてったって、私、25度でグッタリですもの。
夏の関西では、25度なんて夜の気温。
体が東北仕様になってきたなぁと思います。

でも、東北仕様は私だけではないのかも。
オニヤンマ
先週、息子が近所で捕まえました。
東北のオニヤンマは、羽化に至る気温が低いのでしょうか。
それとも何か異常?
いや、いろいろ転換期の雰囲気ですけどね、地球。

梅雨に入ると寒いです。
年によっては、暖房することもあります。
生粋の東北人でもそうらしいです。
大丈夫かな、オニヤンマ。

あ。
写真の彼は、ご心配なく。
既に息子の生け贄でした。^^;;;

子ども達 | 15:37:43 | トラックバック(0) | コメント(16)
人間ドック 「『家を建てちゃった人集合 (^^)v』(40596)」
「人間ドック」じゃなくて、ドッグだと思ってたんだ、私。
今の今、タイトル書くときの変換に悩んだんだもの。
外来語って「”」付けるかどうか悩むことってない?
日本語にしたら、
「びよういん」と「びょういん」くらいの違いがあるんだろうけどさ。

ま、「人間犬」は、100%ありえませんがね。
万事、検証が大事。f^^;;;

さて本題。

今日は人間ドックに行ってきた。
新入社員検診以来、10年以上ぶりの本格的な検診。
一定の年齢になると、ダンナの職場から補助がでるらしく。
もう「一定の」歳なのね。
でも補助はありがたいなと思ったり。ちょい複雑。

心臓は心電図、腹部は超音波、胸部はレントゲン、胃はエックス線。
いろんな光線系が私の体内を通過したもよう。
意識してみようとしたけど、やっぱり不能。
日常生活でもそういう「認識不能な通過物」って多いんだろうな。
さらに、通過しないで留まるものも多いんだろう。
そんなものを嗅ぎ分けられる第六感、欲しいなと思ったり、怖かったり。

あとは、聴力関係・視力関係、便関係・血関係の日帰りドック。
町の公立病院。
本日ドックを受ける人は、私だけ。
なんとスムーズなんだろう。11時には家でお茶飲んでましたから。

でも、各所で聞いた「久しぶり」の言葉。
明らかに説明書をみながら、押しちゃえって感じで機械操作する技師。
ドックを受けたのですが、
別の角度から一抹の不安が残ってたりして。

あと、あれ、
私の体内が写っている画面を見ながら「あれ?」って。
これはできれば飲み込んでほしい言葉ですね。
こっちの心拍数が上がって正常な検査結果が出ませんし、ね。

超音波検診では、新人さんが一緒に居ました。
「ボーンとおなかを膨らませて、息を止めてください~」
検査技師さんがなれた手つきで器具を滑らせる。
膵臓、腎臓、縦割り、横割り、PVがとうの、CCがどうの。
あーだこーだと画面を見ながら研修を。

・・・。・・・。
「はい、楽にしてください」

って言葉、忘れてますから!
息止めて真っ赤な顔、素直な患者へお気遣いを。 ^^;;;

あとあと、眼底検査。
これはびっくりしたー。初めてだったのかな、私。
目を閉じても、丸い光が写ってて、状況を理解するのに数秒かかった。
そしてこのときも聞かれた「久しぶり」の言葉。
で、結局5枚も撮影。最後には慣れてたりして。

成功写真をうれしそうに見せる技師さん。
私の興味は失敗写真。^^;
私の眼球、月面の夜明けだった。
幻想的で、時間も距離も超えた異空間のもののよう。
いいものを見せてもらった。


昨夜8時から何も食べずに挑んだ人間ドック。
今朝は究極に腹ぺこ。
それでも弁当や朝食は作らなくちゃいけない。
これは相当ストイックで、全く意に染まなかった。
朝一番で「肺活量」の検査をしたときには、軽くトリップしていた。

帰宅した今、何でも食べていいんだよ。
しかしこの膨満感は。
バリウムか、ゲップの薬か、注射のせいなのか。

食べたいのに。

つれづれ | 12:18:52 | トラックバック(0) | コメント(22)
雑誌掲載 「『家を建てちゃった人集合 (^^)v』(40596)」
我が家の読書コーナーが雑誌に載りました。
掲載♪
数日前に楽しーーく取材してもらったものです。
この記事以外にも露出多め、それがまたいい感じ。

この号はわた家の殿堂入りです。( ̄ー ̄)ゞ 

金曜日に見本誌が届きました。明日発売かな。
今月号は、子供の本に特化した内容です。
知らない絵本がたくさん紹介されていて、参考になりました。
全国紙ですので、近所の本屋さんで立ち読みも可ですわ、きっと。

興味のある方はわた蔵にコンタクトを。^^

| 00:22:04 | トラックバック(0) | コメント(26)
PTA会報 「子育て奮闘記f(^_^;)(352027)」
小学校のPTA会報から、原稿を依頼された。
「新会員の声」の欄。
一年生の父兄が、入学から今まで、思うことを書くんだって。

この約3ヶ月、目を見張る変化が色々あった。
行動範囲が飛躍的に広がったこと、
(家の周辺半径100mから2000mへ!)
一人で遊びに出かけるようになったこと、
(「お母さんも一緒に」から「行ってきまーす!」へ。)
友達とのゴタゴタを自分で解決しようとすること、
自分なりのルールを守ろうとすること、
などなど。
知力、体力、体格、食欲、タケノコの勢いで伸びている。
気持ち先行、実質が伴わない時もままあるけど、
ま、それは小学1年生。
バランス的には許容範囲でしょ。

どれから書いたものか。
360字。上手く凝縮したいな。

そんな感じで日記を振り返っていたら、
「チーターが落っこチーター」にならって、
「ライオンがぶっ飛びライオン!」^m^
寒風を吹き荒らしていた。
ホンの半年前のことなんだ。
それが今は

「トラが落っこちトラーー!」だもんな。

飛躍的でしょ?
進化、分かりやすいでしょ?

PTAさまの原稿に書けないのが残念。

子ども達 | 09:34:22 | トラックバック(0) | コメント(16)
ミニコミ誌 「自分らしい生き方・お仕事(215699)」
ミニコミ誌を作ることになった。
助成金をいただけることになって、本格始動。
友達や伝手を頼って、
文章、イラスト、ロゴ、写真、
ソフト面は 100% made in 我が町で行く。

編集は、私^^;;;
ワードと私の能力では、出来上がったのは壁新聞。Σ(ノ°▽°)ノ
だから、ソフトを買った。
秘蔵の貯金をはたいて。
目、血走らせながら購入したのに、
インストールしたら、遅遅、遅遅、遅マック。
明らかにキャパを超えている。
これじゃストレス多大。
のっけからでんぐり返っちゃった。(* ̄∇ ̄*)おほほ。
でも、私の周辺、あとどこに諭吉が居るのか。
遠い目だよ。
能力の高い新マック、降って来て。今こそミラクルを。

営業は、私^^;;;
助成金なんて、スタートダッシュの着火剤にしかならないもの、
続けるためにはスポンサーが必須。
どっかに富豪いませんかね。
片田舎のおばちゃんに荷担してあげようっていう、奇特な富豪。
そして、敏腕営業マン♪
・・・。
なんで、こう、一攫千金感覚なんだろう、私って。

販促も大事さ、な。
でもさ、町にめぼしい本屋さんってないし、
そもそも、著名人もブランドもないミニコミ誌、
どうやって売ればいいんだろうね。
いや、ブランドにするのさ、ね。

くふふ、ホント、気が遠くなる。(*´ー`)

この町、刊行物が極端に少ない。
読書環境は目を覆うばかりだし、町民の意識も時代錯誤甚だしく。
生活は淡々と流れてて、見返す習慣はない。
かといって、時代に追いつこうという気概もない。

町には誇れる彩りがたくさんあるのに。
昔を今に伝えている生活、素敵で貴重なのに。

そういう環境に一石を投じる。
やりがいだけが糧。
「町を好きになろう」が、コンセプト。

発刊は、ずばり私のため。だったりして^^;

まずは今だ。踏ん張ろう。

日常生活・ライフワーク | 15:40:28 | トラックバック(0) | コメント(20)
久々の雪 「子育て奮闘記f(^_^;)(352027)」
今朝、久々に雪が降った。
東北地方とはいえ6月、異常気象にもほどがある。

なんちて。^^;

現場は我が家の脱衣所、from洗濯機。
原料は息子のポケットティッシュ。
またポケットに入ったままだった。
まったく!
いつも「ポケットの中身確かめてね」言ってるのに。
生活習慣なってない。

ま、1年生なんだしね。まだ6年しか生きてない。
さっきまでハイハイしてた子が、
山から山へ登校してるんだもんね。

放課後のことは詳細に語るのに、
学校のこと、特に朝の登校のことなんて霧の中。
一日が濃いんだろう。
古い情報は抜かないと BOM!!! なんだろう。
子供はウマく自衛するよなぁ。
私も検閲なしに洗濯機に放り込む習慣、なんかしないといけないし。

あー、やっぱり叱れない。
この沸々はいかんともしがたい。(ー"ー )

降雪がしばらく無かった理由は、
息子が鼻かみまくり、ティッシュを完全消費していたわけでも、
私の気遣い能力がアップし、ポケット確認励行していたわけでも、ない。
ティッシュ
体操服入れの残り布で作ったコレ。
これに入っているポケットティッシュは、
洗濯機の荒波の中でも、布きれの中に留まり、
写真のようにゴロッと出てくる。雪化しない!
クール、ブラボー、ワンダフル!!
ポケットティッシュ入れ、なんて画期的なアイテムなんだろう。

なのに、なのに。
ボンズ、どっかに忘れて来てしまった。
「なんで?」ってこっちが聞きたいさ。T^T
斯くして今朝の雪景色。
「集めて紙になりそうだな」
ダンナさまのコメント、火に油だってば。

あー、ポケットティッシュ入れ、カムバック!
微妙に足りなかった縦サイズ。
気持ちティッシュを押し込む、あの秀作。
あの数ミリが勝因だったはずなんだ。

もいっかい作れるかなぁ。

子ども達 | 18:27:16 | トラックバック(0) | コメント(12)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。