FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
遊園地 「子育て奮闘記f(^_^;)(352027)」
明日、実家を離れ、東北の地へ帰る。
往路は飛行機で1時間だったのが、
復路は船路。22時間。
まさに、行きはヨイヨイ帰りはコワイ。

しかも、酔うんだ、私。T^T

元器械体操部。
バク転とか段違い平行棒とか確かに記憶にはあるのだけど。
どうも、三半規管が弱いらしい。

昨日までの小旅行、遊びまくった遊園地で、結構マックス決まってた。
コーヒーカップもトップスピンも、
あの手の遊具って、回るのばっかじゃん!
あと、ブランコちっくなものも三半規管に依存するはず。
バイキングなんて、私、3秒で具合悪い。
速度や高低差は全く平気なんだけど、
ジェットコースター系で純粋に高低差だけで勝負してるのって、
旧世代のものなのね。
必ず数回まわるもん。色気付けちゃってさ。--#
自然、乗れる物が限りなく制限されてしまった。

でも、私以上に都合悪いのは息子。
「速くて、高くて、暗いものには乗らない!」
そういえば、以前かの地でも聞いた宣言、
1年半経っても、数ミリも変わってなかった。T^T
例えば、
少し高めのところから眺めを楽しみながら、ゴンドラ旅行を楽しめる遊具。
妹は、終始ご機嫌で4回も乗ったのに、
兄貴は、両手両足踏ん張って、歯を食いしばって、瞑想していた。
バツゲームみたいだった。
もちろん、観覧車なんて視界に入るのも許せないらしく、
ジェットコースターは異世界のものらしい。
而して、メリーゴーランドとコーヒーカップを往復する小学生。

そういえば、そんな男性が身近にもう一人。T^T

乗り放題券、ウチは絶対元取れない。

スポンサーサイト



子ども達 | 17:22:36 | トラックバック(0) | コメント(6)