FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
東京に 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
年末年始、一族で旅行に行こうって話が出ている。
大賛成。
私は東京に行きたい。
あの雑踏が懐かしい。
息子達に、私の青春、いや、群青の夏くらいかな、を見せたい。
いや、まだ秋じゃないから、当時は初夏くらいか。

う。どーでもいい。f^^;

そんなわけで息子に「東京へ行きたくないか?」と聞いてみた。
数ヶ月前までならこの町至上主義だった息子、
特に興味を示さなかった。
「家が一番」
専業主婦のようなコメントが返って来ていた。
でも、さっきは違った。

「エクアドルに行きたい」Σ(ノ°▽°)ノ

ミラクルワールドは突然に。
よくよく聞いてみると、ヒルドゥスヘラヅノカブトが見たいんだそうだ。
エクアドルにいるらしい。
いや、表記間違ってるかも、ごめんなさい。
何度聞いても覚えられない。
それを軽く何度も言える息子、ちょっとヒク。
エクアドルって国が突然出てくるあたりは、ちょっと尊敬する。

でも、ありえない。

「遠いじゃん!」
というと、
東京も関西も同じくらいらしい。
彼の感覚には「近い」か「遠い」しかないらしい。

「そんなん東京で昆虫展とかしてるかもよ!」
「デパートで売ってるかもしれない」
息子の意識をなんとか東京に持って行きたい。
と、息子、
居るかな?居ないかな?って探して見つける、そして捕獲する。
そのワクワクが最高に魅力的なのだと。
そこに居たのが珍しい昆虫だったらドキドキが治まらないのだと。
熱く熱く、暑く語っておりました。

夏休み、おじいちゃんと行った虫取りが忘れられないもよう。
つくづくいい夏休みを過ごしたんだと思う。
好きなものをハッキリ説明できて、素敵だと思う。


でも母は、東京に行きたい。( ̄ー ̄)ゞ

スポンサーサイト



子ども達 | 21:18:02 | トラックバック(0) | コメント(13)