■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校1年生の天然息子と、中学1年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住16年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
心配ありがとう 「子育て奮闘記f(^_^;)(352029)」
ここ数日、のどが痛い。
今朝は、声が少しおかしくなっていた。
朝ご飯の準備をしていたら、いつも通り息子が起床。
8割寝たまま。^^;
それでも、
着替えの服をひとそろいもって、間違いなくヒーターの前に座る。
器用だなと思う。

「おはよう」

声をかけると、次の瞬間に、
「声どうしたの?」って。
ちゃんと起きていることにホッとしながら、
すぐに具合を聞いてくれたことに喜ぶ。

「うん、ちょっと、のどが痛いの」

声がかすれるに至った経緯を説明すると、
困った顔でうなずく息子。
「風邪のひき始めかな・・・」
って、心配してくれる。
息子の優しさを噛みしめて、ほんわり心が温かくなった。


・・・のに!!!
続けて息子、

「それか、仮病だね♪」だって。
ニコニコで。d(⌒ー⌒)




あんたに熱出る。(ノ_<。)

スポンサーサイト
子ども達 | 07:15:44 | トラックバック(0) | コメント(6)
お願いごと。 「子育て奮闘記f(^_^;)(352029)」
娘、登園中。

「お兄ちゃんは、どんなお願いにしたんだろう」

場面は、小雪舞う農道。
案件は、七夕のお願い事、ですって。
季節2つも先の話でした。
しかも、
彼女の疑問先は、マイ時計で動くお兄ちゃん。
彼は“まだクリスマス”の危険もはらんでいますからね。
「どんなお願い事にしたんだろうねぇ」
テキトーに流していると、
娘は、もう決めたと。
「“○○が欲しい”とかはサンタさんへのお願いだよ」
混同が甚だしいので、先手を打つと、


娘「チョコボールで銀が2枚当たりますように」


これは、七夕でオッケーですか?(T.T )( T.T)


それに「銀が2枚」って。
5枚必要なのに。1枚もないのに。

しかも、チョコボール、好きじゃないのに。(ノ_<。)

子ども達 | 19:01:15 | トラックバック(0) | コメント(6)
授業参観 「小学生ママの日記(303475)」
金曜日は、小学校の授業参観でした。

実は、1学期の授業参観では、
どっぷり凹んで帰ってきたのでした。
担任は若い若い先生2年目の男性。
すごい好青年で、一生懸命がんばっているんだろうけど、
あの授業は、そう、

学級崩壊。(━┳━__━┳━)

前2列くらいは話を聞いている風でしたが、
後ろ3列は・・・。
隣と遊んでいる子はもちろん、
ちゃんと座ってる子でも、筆箱をいじっていたり絵を描いていたり、
ほとんど先生の話を聞いていませんでした。
後ろで見ていた保護者の方が、
思いあまって我が子を注意に行くという場面もありましたっけ。
先生も子供たちも不憫で、ホントに涙がでました。

一年経った昨日。
作文の発表会とのことで、ちょっとしたイベント風。
非日常に弱い息子、調子に乗るのではないかと、
冷や冷やしながら行きました。
でも。
子供たち、みな立派でした~!(π0π)
凛として発表、静かに人の発表を聞く、がしっかり出来ていました。
この変わりように驚き、そして心底嬉しかったです。
担任の先生も成長なさって・・・なんかすごい年取った気分ですが。f^^;;;
先生方のご苦労、子供たちのがんばりに、
大拍手の一日でした。

***

作文は、1年間の思い出というテーマで、
運動会や学芸会などそれぞれイベント毎に担当を持って、書いていました。
息子もその企画に沿って作文していましたが、
家で話したこの1年間で一番嬉しかったことは、

「先生に漢字で誉められたこと」

だったそうです。
しかもそれは、最近のことではなく、
夏休み最終日に泣きながら書いた漢字の練習。
半年も前の話を今「一番」と言い出すなんて。
国語の先生は厳しい先生でしたので、
その先生に誉められたことが、殊の外嬉しかったのでしょう。
そう言えば、2学期以降、本当に丁寧に漢字を書くようになりました。
やっぱり、先生の一言って、重いんですね。

3年生でも、素敵な先生に出会えますように。

子ども達 | 06:48:44 | トラックバック(0) | コメント(8)
結婚願望 「子育て奮闘記f(^_^;)(352029)」
息子、朝ご飯を食べながら、ご質問。

「コンカツってなに?」

彼が言うと、
トンカツの新しい食べ方かと思っちゃう。^m^
でも、ちゃんと、結婚活動の話でした。
知ってるんですね~、そんな単語。
バレンタインデーも過ぎたし、
そんな話題も出ているのでしょうか。
いや、イマドキの小学2年生、
いろいろ早くてビックリします。

「結婚しようと思ってがんばることだよ」

間違ってないでしょ?
その意味を知った彼は、数分押し黙って、
「結婚、ボクも、したい、かな」
軽く疑問形でしたがね、
結婚、したいんですって!\(o⌒∇⌒o)/ 

かつて、弟に
「姉ちゃんと母さん見てたから、結婚したくない」
と宣言されたことがある私、
息子のこの答えは、とーーーっても、嬉しかったです。
そう、奥さんって、いいよねぇ~。

調子に乗って、その言葉を期待して、
結婚したい理由を問うと、

「そりゃ、子孫を残したいでしょ」

だって。Σ(ノ°▽°)ノ
えーーーー!母はそんな大層なこと、考えなかったーーー!
結果、子孫が残せて、とっても面白いけど。^m^
それに、息子の子孫を残したい理由は、

「本能」(≧∇≦)b

なんだもの。
ぜったい「ダーウィンが来た」の見過ぎ。
人間も動物。
もちろん間違ってはいませんが・・・。
結婚がテレビの話になってます。
この路線のままでは、結婚は難しいでしょう。

ホッとしたりして。^m^

子ども達 | 12:29:59 | トラックバック(0) | コメント(10)
うれしくて、さみしい。 「子育て奮闘記f(^_^;)(352029)」
昨夜、息子が、おじいちゃんに電話をしました。

「前に言っていた、あれ、今でも大丈夫?」

この前帰省した時に、
おじいちゃんとおばあちゃんからあった、
「春休みに孫達と旅行をしたい」との申し出の件です。

祖父母の孫との旅依頼は、今回が初めてではありません。
ことある毎に熱烈なラブコールが送られていました。
そのたびに孫は素気なく拒否。
「まだまだ親だよねぇ~」
私は、ちょっと誇らしくも思っていました。
祖父母は、なんでこんなに孫に寄るのか、不思議でさえありました。
でも、最近子供の手が離れてきて、
彼らの気持ちも、分かる気がしています。

今回の申し出の時も、
「一緒に寝るのがイヤ」とかなんだかんだ言いながら、
とりつく島もなく拒否っていました。
あれから1ヶ月。
彼にはどうしても行きたいところがあるのですが、
そこへはやっぱり行きたいと。
そこへ連れて行ってくれるのは、
富豪のじいちゃんだけだと悟ったようです。^m^
いろいろ天秤にかけて、
昨夜、自分から電話をかけました。

お父さんやお母さんがいなくても大丈夫。
やっと自分で判断出来たよう。
人は、こうやって大きな一歩を踏み出して、
思いを経験にしていくのですね。
自分で答えを出せるまで待ってくれた祖父母には、
ホントに感謝です。

昨日は息子の成長記念日。
うれしくて、ちょっとさみしい。(;_;)



電話を終えた息子に、
あなたのいない間、娘と何して過ごそうかなぁ・・・
ちょっと寂しげにアピールしたら、

息子「すごろく、してたら?」

だって。
えーーー?!そんな扱い~~~? (ノ_<。)

子ども達 | 18:12:52 | トラックバック(0) | コメント(10)
バレンタインデーしよう! 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
夕飯後、おもむろに娘が、
「バレンタインデーしよう!」
って宣言し、

消灯。 Σ(ノ°▽°)ノ

なぜ消す?
そもそも、
「バレンタインデーをする」ってなに?
突然ペンダントライトだけになったリビングでお茶漬け中のダンナさん、
背中がとってもサブかった。^m^
そんなことは意に介さない娘、おもむろに小箱を持ち出して、
オープン♪
中には、苦作のチョコレートブラウニーがキュッキュに入っておりました。
余白の美とか空間の妙とか・・・ムリさなぁ~。(^▽^)

その後、ミルクティを入れて、
つつがなくバレンタインデーを、しましたよ。
チョコ食べるだけでしたがね。(* ̄m ̄)
そして、完食!!!
甘さ控えめが息子にも好印象で、
そこの読みが甘くて、結果、不足気味。
日中、遊びに来た子にあげすぎましたわー。^^;

でも美味しかったね♪
みんなで仲良くゆったり食べられたし、
なんてハッピーバレンタイン♪♪

あれ?
浮かない顔の娘さん?


「・・・もっと食べたかった」\(◎∠◎)/


一大事の予感。/( ̄ロ ̄;)\

子ども達 | 22:30:49 | トラックバック(0) | コメント(6)
バレンタインデー 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
昨日の午後、降園後の娘と一緒に、
作りました、チョコレートブラウニー!
粉に比して3割増の砂糖。
今朝もまだなんとなく甘い香りが漂っていて、
クラクラします。

レシピはここを参考にしました。
甘いものが苦手な私、砂糖を少し減らして申告したら、
甘物王の娘に「130グラムって書いてあるよ」
しっかり指摘されちゃって。
全く意のままになりません、5歳児。^^;

オーブンに入れて20分。
この間に、チョコだらけのボールやヘラを洗わなくちゃ。
山となってるシンクにゲンナリしつつ、
夕飯準備にとりかかりました。
日常はイベント時にも欠かせません。
ブツブツ思いながら人参を切っていると、
娘が、ボールもヘラもスプーンも、
一切合切、きれ~~~~~~~いに、


なめてました。|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

彼女の手伝いの目的は、いつもコレ。
主導権を握っても同じでした。T^T
油分、糖分、ナマ小麦粉。気になるところは多いけど、
自分の子供の頃を思い返して、何も言えず・・・。^^;

2009-02-13 16:19:40

昨日はここまで。
今朝は、朝ご飯の前に型抜きをしました。
あまり凝った型は抜けないので、ほとんどマルとハートです。
型と型の間がすんごく広くて、
もったいないんじゃ?と諫めたら、

娘「大丈夫、私が食べるから」

そっか~って思っちゃう私も私。
誰のためのバレンタインなんだか。^^;

そんな娘の、渡す相手は、お兄ちゃん!<( " O " )>
あんなに顔面パンチしてるのに!

「勉強している顔が、かっこいい」

ですって。
チョコをあげる前に、大々的に告白。
美しき兄妹愛のメロドラマ。
いや、学芸会。^^;


型抜き終えて、無限に残る切れ端。
これが美味しい~
甘さも控えめで、このレシピオススメです。
朝ご飯代わりにつまんでいると、
遠景で学習机に向かう息子、
なんと、


宿題してるぅ~~~~~っ!!!<( " O " )>


女の賛辞、値千金。
男って、かわいらしい。^m^

お父さんが帰ってきたら、お茶にしよう♪

子ども達 | 10:17:31 | トラックバック(0) | コメント(8)
お米について 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
娘とお米をつきに行きました。

この辺ではお米を作っているところが多く、
その方々からお米を買うと、
玄米でもらえることが多いです。
だって、1単位が30キロ。^^;
保管には白米より玄米ですよね。

自動精米機は町中の至る所にあって、
100円で10キロを精米できます。
やっぱり、つきたてのお米は美味しい♪
でも、私は面倒くさいので、30キロ毎に精米に行きます。
私の筋力の限界は30キロだと知らされる時です。^^;

娘は精米が大好き。
玄米を入れて、轟音と共に機械が動いて、
白米が飛び出してくる。
その課程を、あっちこっち飛び歩きながら、観察しています。

「お米ってどうやって出来るの?」

田圃に囲まれたこの地に住みながら、
稲作とは離れた生活をしている5歳児。
稲と米が結びつかない様子でした。

水、土、人間、そして、太陽。
いろいろな条件が絶妙なバランスで作用し合い、
米が出来るのだと。
水や光が多すぎたり、作業する人が少なすぎたりすると、
美味しいお米は食べられないと。
人の営み、地球の恵み。
お米を美味しく食べられるというのは、実はすごいことなんだ。
そんなことを話しながら、精米していました。
「そっかぁ~」
神妙な顔で、話を聞いていた娘。
優しい気持ち。いい感じでした。

帰りがけ、車の中でおさらいを。
「いろいろ「ありがとう」の気持ちで食べようね」
「お米が食べられなくなったら大変だもんね」
すると、娘、



「え~?お菓子食べればいいじゃん!」Σ(ノ°▽°)ノ



ぜっんぜん、伝わってないっ!
ザ・アントワネット。(━┳━ _ ━┳━)

子ども達 | 09:04:03 | トラックバック(0) | コメント(6)
娘の決意 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
今朝は、また忘れ物をしました。T^T

毎朝、必要なモノを全て持って、車に乗り込みます。
予定のジャンルはいろいろなので、持ち物も多く、
バッグはだいたい3個になります。
今日も準備万端!
娘を幼稚園へ送ったあと、あそこと、ここと、
と、予定を頭で繰り返し、車を発進させると・・・・

娘「あっ!帽子!」

娘の制服の帽子を忘れていました。\(◎∠◎)/
しっかりしているとはいえ、まだ5歳なんだもの。
息子が5歳のときは、靴まで履かせていたような。
もっと、娘の生活に気を配ってあげないと。

至極反省いたしました。

帽子を取ってきて、登園中の車内にて、
娘「お母さんは、ホントに忘れん坊だね」
呆れ顔でため息で言われちゃいました。
直球正解!(* ̄m ̄)

・・・なんだけど、
100%認めるのも悔しくて、
「あんたは、お菓子食いしん坊だよね」
イタイであろうとこを突き返し!

・・・と、コレが効いたらしく、数分黙り込んだ後に、
娘「今日のおやつ、ナシにしようかな」
だって!!!!!!!!
生誕5周年(と数ヶ月)、初めての決意です。
すごい、すごい!いい~んじゃ~ん♪
母1人盛り上がっていると、

娘「でも、幼稚園から帰ってきたら、
『お菓子ナシじゃない?』って聞いてね、
・・・お母さんの子供だから」

忘れるってか!!!(ノ_<。)

子ども達 | 21:24:16 | トラックバック(0) | コメント(8)
取材 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
悩んだときは、
「しないで後悔するより、して後悔」の方を選びます。
いや、実際はもっと慌てて、
「あーあ、やってしまった↓↓」とか、
「あっ!言わなきゃよかった!」とかが多いか。

まず、悩もうよ、ワタシ。^^;

「しない」と「する」はゼロとイチの大違い。
「する」は、どっちに転んでも成長を感じられて、
最終的には良かったなって思うから、好きです。
どっぷり凹むこともあるけれど、若いときの苦労は買ってでも。
強引にでも「若い」と言えるあいだに。f^^;
そして、
「して、いつも後悔しない」というミラクルに向かって、日々精進!

***

先日、雑誌の取材を受けました。
性格そのままの「なるようになるさ育児」ですが、
一応我が家のルールはあるので、その辺をお話しました。
上手く伝えられず、
いろいろご迷惑をおかけいたしましたが、
素敵な記事にしていただけました。

ライターさん、カメラマンさん、編集さん、
とても楽しい経験を、
本当にありがとうございました!!!

取材は、
される方でもする方でも、自分を見直すことが出来て、
本当に得るものの多い時間です。
やっぱり私は、人の間で生きてます。
みんな、そうでしょうけどね。^^;


取材中、
お父さんと子供たちが遊ぶ写真を撮ってもらっていて、
いつの間にやら、子供たちはゲームの方に熱中。
取材後の小一時間はゲームにおつきあいでした。^^;

あれ?
「遊びは宿題終わってから」ってお答えしたのに。
ほほほ。
ウチは臨機応変、ばっかりだー。

これぞ「なるようになるさ育児」^^;;;;;

子ども達 | 21:51:21 | トラックバック(0) | コメント(6)
かまくら 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
また雪ネタです。^^;

雪かきするダンナさんと一緒に息子も外へ出て、
かまくらを作っていました。
見に行くと・・・

かまくら1

360度、山肌です。
入り口はどこですか?(・・; ) ( ;・・) 

すると息子、おもむろにスコップを持ちだして、
「ここを開けるんだよ♪」と、前面を削りました。
寒いからドアを閉めてたんだって。
機密性重視でイマドキのかまくら。^^;;;

ドアが開け放たれた中、かまくらの中には・・・

かまくら2

雪だるま在住!
自分が入れる大きさは作れなかったので、
ゆきだるまくんにいてもらっているそうな。

敷地内で一番日陰な部分なので、
1週間経った今も、まだ残骸が残っています。
床は下のタイルが向きだしになって、
雪だるまは前のめりに倒れてて、
放置感バリバリで。

寒そう・・・。^^;

かまくら年末
こちらは、年末に雪国でおじいちゃんが作ってくれたかまくら。
孫娘を喜ばそうと、豪雪降る中、大汗かいて作ってくれました。
嫁も一緒に。(←ココ特筆。)
十分娘が入れる大きさまで積み上げたのに、
下にゴザまで引いて居住性アップしたのに、
娘、一歩も入りませんでした。
っていうか

「寒いからイヤだ」って見に来もしない!!!(ー"ー )

社交性ゼロ。
嫁の立場は!

・・・いや、もともとナイか。(* ̄m ̄)

子ども達 | 09:00:44 | トラックバック(0) | コメント(4)
2月のカレンダー 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
1月31日は娘と2人でお留守番でした。
外は大雪。
折しも月末。
毎月トイレのカレンダーを作っているのですが、
寒いときのインドア度120%の娘、制作にはうってつけの日でした。
が、娘、ちっとも乗りません。
こういうときは、無理強いしても楽しくないので、放置。
クラフトネタには困らないし。
15日を過ぎてやっとカレンダーが出来上がったって月もあります。
今月もそのパターンかなぁと思っていたら、
夕飯を食べていきなり「描く!」と。
どこでスイッチが入るかわかりません。^^;

フンフン♪って鼻歌交じりに始めたのに、
気づくと不穏な雰囲気。
やっぱり今日は乗らないんだなぁと思っていると、
「お母さん、家は塗って~!」と。
家くらい、おやすいごよう♪
と、安請け合いしたら・・・

2月カレンダ1
細かっっ!!!!!
このマス一つ一つ、違う色を入れてとの注文でした。
マス目だけ書いて、ちょこっと塗って、飽きたらしい。
しかも、配色の意見も多い。
もー。

なかなか帰ってこない父と兄を待って、
創作時間も無限にあったので、
出来上がったカレンダーは、
2月カレンダ2
描きすぎ。^^;;;;;
カレンダーの肩身の狭いこと! ^^;
足下に散らばる昆虫や、
風邪ウイルスみたいな五本指手袋など、今回も微妙な点は多々。

でも、今回の落としどころは、

2月カレンダ3

カメの形の雲かな。
だってリボン付き。^m^

子ども達 | 16:55:00 | トラックバック(0) | コメント(8)
そうなんかな? 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
ダンナさんが出勤する。
娘と、お見送り。
「いってらっしゃい♪」
今日も一日、お勤めご苦労様。
ありがとうの気持ちを込めて、見送る。
いや、込めてますよ、毎日。ホント。^^;

行く父を見届けた後、娘が

「なんで、「いってらっしゃい」って言うのかな」

と、私に問いかける。
でも、彼女が疑問を口にするときは、
だいたい自分なりの意見も持っていることが多い。
娘の分析は、

「いってらっしゃい」は
「行って」と「来っしゃい」なんだと。
そして
「いってきます」は
「行って」と「来ます」なんだと。
漢字を知る前に、意味を感じている。
そして回答。
「いってらっしゃい」と「いってきます」、この朝の掛け合いは、
“無事に戻ってくる約束”なんだって。
考えたこともなかった!
そうなんかな?

正解はどうあれ、
彼女は、
こうやって日本語を自分のモノにしているんだなと思う。
ピアノでも、お絵かきでも、娘はホントに論理的。
理系のダンナの血を感じる。
私には、ない、血。^^;

そして、彼女の今朝の結論は、

「お父さんは、長野県まで行かないから大丈夫」

浅間山の噴火まで、彼女の憂いの元になる。
このグローバル感も、私には・・・。^^;;;;;

子ども達 | 08:05:50 | トラックバック(0) | コメント(16)
大雪! 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
昨日は、昼頃から雨が雪に変わって、夜までボトボト降りました。
庭には20センチくらい積もってるでしょうか。
とにかく、この冬一番の大雪でした。

家の中は暖かいし、クラフト遊びに充実していた娘、
ある程度積もってから雪に気づきます。
「うわぁ~~~~~~っ!真っ白!」
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:
文字通り目を輝かせて、外へ飛び出しました。

雪、好き!?

スキー場ではこんなんや、こんなんで、行くのをやめたのに。
雪に条件反射は、犬も子供も一緒なんだなぁ。
と、娘の子供らしさにほのぼの。
娘は赤いコートをスッポリ被って、大雪の中、庭駆け回り、
まんべんなく足跡を付けたところで、

帰宅。Σ(ノ°▽°)ノ

所要時間約3分。
その後は一歩たりとも外へ出ませんでした。
彼女にとって、雪はこの程度でいいんですね。
スキー場はオーバースペック。深く納得しました。(--)>

一方、この豪雪の中スキー場へ行った息子とダンナさまは、
吹雪の中リフト5回乗って、昼には温泉だったらしいです。
それなら行っても良かったかなぁ、一瞬は思いましたが、
その後が悪かった。
雪で高速道路が全面通行止め。
一般道は大渋滞で、3時間で行くところ、帰りは6時間半もかかって。
帰宅は23時過ぎでした。
バスで行ったので、ヒマなのでしょう、
状況が逐一メールされてきました。
息子と濃い時間を過ごしたようです。
それはそれで、よかったなぁ~~~と、第三者の私は思ったりして。

一番不憫だったのは、娘。
次々に入る不安なメール、アクシデントの雰囲気、帰ってこない父と兄。
父と兄に、折り紙でプレゼントを作り続けて、
帰宅を待ちわびていました。

「スノボなんて、行かせなきゃよかったのに!」

涙目で半ギレ。
いいね、5歳って。

子ども達 | 07:29:41 | トラックバック(0) | コメント(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。