FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
くるしゅうない。
冷蔵庫を開けて、あれれ?って。

シュークリームが1つ。

お昼にナイショで食べようと、
1つ買ってきてたのを、
すっかり食べるの忘れてて。

子ども達に見つかると、
1つは必ずバトるから、
その前に!って慌ててね、
わざわざコンビニに走って、
やっぱり私も食べたいから、
もう2こ買って来てたのに。

冷蔵庫には1つ。

あの2つどこ行った?
自転車のカゴに入れっぱなし?
あ、そういや、中庭に?
洗濯物に紛れてる?
どれもハズレ、ありません。

うーん、うーん、・・・いや、まさか!

買ったこと自体が、夢!?
いやいや、そこまででは。f^^;;; (近いけど^^;)
電話したらありました。
そう、コンビニに。

あのとき、通販の支払いして、
なんだかおつりがおかしくて、
それも2回もおかしくて、
レシート合ってる?ってギンギン見てたら、

忘れたらしいよ、シュークリーム。

いやーん、恥ずかしい。
おじぃから息子への流れ、確実に私経由だわー。TT

そして、大事なシュークリーム。
取りに行きましたよ、コンビニ。
そしたら、
なんと、店の人が平謝り!!∠( ゚д゚)/
そう言えば、コンビニってレジ打った後、
商品の入った袋を、
直接手渡ししてくれますね?
あれ、あの時の人、なかったのかも。
お互い、金でテンパッてたからなぁ。

そっかぁ~、
そっちの不手際かぁ~。

そっかぁ、そっかぁ。

くるしゅうない。>( ̄^ ̄)<

スポンサーサイト



つれづれ | 21:55:04 | トラックバック(0) | コメント(1)
ぞくぞくした! 「今日の出来事(966364)」
娘、「カフェでお茶」にはまってます。
一番好きなのは、
11階のモロゾフティルーム。
平日のランチに連日来る母娘。
って、あやしい?よね。
お財布的にも健全ではないのだけれど、
でも、娘の輝く目を見ると、行っちゃうんだ。
あぁつくづく現実逃避。^^;

そこからの帰り道、9階は宝飾品売り場です。
てこてこ先を行く娘。
よろっとガラスケースに寄ってみたり、
ひょろっと器に手が伸びてみたり、
"warning!!"((;゚Д゚)) "warning!!" ((;゚Д゚))
って感じでした。
そんな彼女が立ち止まった所に、

山水画!!

しぶいなぁ~と思って近づくと、
彼女はその下にあった額に釘付けだったのでした。
御木幽石。
お地蔵さんやねこなどの優しいイラストと、
穏やかな言葉の書で、癒される作品です。

いろんな種類がありましたが、
私は、1つの絵に吸い寄せられました。
それには、このブログの題名から始まる書と、
娘が書いたようなカラフルな山が描いてありました。
物欲の少ない私、
めずらしく欲しいなぁと思いました。
震災後強く意識するようになった縁を感じて。
それと。
津波で町が崩壊し、放射能も心配な被災地。
いろいろあると思うけれど、
心だけは元気でありたいなと。
今の落ち着いた気持ちを保ち続けたいなと。
そういった思いの拠り所が欲しいなと・・・

買っちゃう?うふふ?(* ̄m ̄)

セレブ気分に酔いしれそうになったとき、
私の前に立ちはだかったもの!
一刻の猶予もない現実!ドーン!
しゅーりょー!(_△_;
そんなモロゾフマジックが2回ありました。

そうやって2度さよならした絵です。
が!
その絵を、
今日、友人が、

プレゼントしてくれたんですっっ!!!(T▽T)

包みを開けて、
その言葉が、カラフルな山が見えたとき、
叫んでました。
ぞくぞくしました。
総毛立ちました。
立毛筋、大活躍。
髪の毛を束ねていたのが残念です。

ありがとう!
きっと、私たちのことを心から思いやってくれたんだね。
それがこんなミラクルにつながったんだ。
絵ももちろんだけど、その気持ちが何より何より嬉しい。TT
本当に本当にありがとう!

この絵を見た娘は、モロゾフ帰りの絵と同一を確認し、
「すごいー!」って、
細い眼を二倍にして、

「私もね、
 キャンプで歯磨き粉が同じ子がいたんだよ!!」(ノ*゚▽゚)ノ

ビックリつながりか。^^;;;


震災後、ホントにホントに、たくさんの縁を感じています。
素敵なつながりの中に入れてもらえてるという喜び。
日々に、ひとに、感謝して、
明日も明後日もこれからも、今日も一日。


「今日もいちにち
 感謝 感謝
 すべてに 感謝」 by御木幽石

震災避難(実家にて) | 06:53:48 | トラックバック(0) | コメント(4)