■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校1年生の天然息子と、中学1年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住16年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
前夜 「自分らしい生き方・お仕事(215699)」
明日は12月1日。
とうとうこの日がやってきた。
教育実習はじまりです。


この1週間は、1ヶ月弱のお休みをいただくため、
お仕事整理の日々でした。
引き継ぎ、残務、不手際がありませんように。

神頼みかよ。^^;;;

勤め始めて2ヶ月ですが、
この長期休みを下さった職場のみなさん、
本当にありがとうございます。
帰り際には
「素でやれば笑いとれるで!」
「後で授業してもらうわー!」
めっちゃネタ的に背中を押してくれて、勢い、つきました。^^

震災後、ホントにホントにいろんなことがあって、
くじけそうになったけれど、
この日が迎えられることになったこと、
たくさんの温かい心に、ただただ感謝しています。

今はええ先生を目指して。

ん、でも、
ええ先生ってまだよく分からないなぁ。。。
それを知る、最初の3週間にしたいな。


明日からは、
朝から晩まで、きっと深夜までMAXなんだろうなぁ。
ってことは、被災地から出られない日々なはず。
だから、
シャンプー、石けん、歯磨き粉、日用品のストックもしたし、
食糧もしこたま買い込んで、冷蔵庫パンパン。

お借りした教科書も指導要領も教育実習の手引きも、
めっちゃ読んだし、考えたし、
あとは先生のご指導を受けながら、
生徒達に聞きながら、じっくりしっかり創りあげよう。

津波現場の帰り道、真っ暗こわいかも。
明日はマイナス3℃予想、運転大丈夫かな。
朝食、夕食段取りうまく行くかしら。
上靴、教科書、忘れ物ないかな。
大勢の前でしゃべるの、慣れないな。
先生方や生徒達と楽しくやれるかな。
息子、娘、風邪引かないでね!

湧いてくる憂い。
でも、きっと大丈夫!
思い込みは、無敵!!ぷぷ。

ダンナさん、子ども達、
協力応援、ホントにありがとう。
さぁ、お母ちゃん革命の始まりです!

スポンサーサイト
仕事 | 21:10:29 | トラックバック(0) | コメント(3)
国語を教える意味 「子育て奮闘記f(^_^;)(352032)」
「僕は、何語で考えているんだろう」

って、よく思うんですって。息子。
考えるのは声に出さないから、
言葉じゃないのかなって。
で、自分の脳の中を見てみたら、
「絵」が浮かぶことが多いと気づいたらしい。
例えば、
「走る」ことを考えると、
「走っている絵」が浮かぶのだそう。
絵は万国共通だから、
どの国の人とも、考えは共有できるはず。

「だから、ジンルイ ミナ キョウダイか!」

なるほど。
妙に納得させられる。

そして、
言葉は、その「絵」の媒介でしかない。
でも、それがないと、共有するのに手間がかかる。
だから、英語をしゃべれるようになりたい。と。

うんうん。言葉はツールなんだよね。
便利じゃないって思うことも多いけど。

「でもね、おかあちゃん。」
一連の話の結論は、
照れ笑いを浮かべて、

「何語で・・・って考えている時点で、
 僕は日本語で考えてるよね。」

おぉ!よくぞたどり着いた!
そこなんだよね、
私が国語を教えたいわけ。

いただき。^^

子ども達 | 18:23:51 | トラックバック(0) | コメント(2)
まちがえたーっ! 「子育て奮闘記f(^_^;)(352032)」
「行って来まーす!」
今朝も、息子と娘が元気に登校していきました。

昨日のことです。
さて、私も出勤までに、
朝食の片付けと夕飯の下準備、部屋の片付けもしたいっ!!!
でも、
まずは新聞^^;・・・と読んでいたら、

「まちがえたーっ!」

ドダッと娘が帰ってきました。
玄関でごそごそしてるので、見に行くと、
靴、履き替えてました。
サンダルから。

オレンジのクロックスもどき。
間違えて学校に履いて行きかけたのは、
一度や二度じゃありません。
それでも「学校へは靴で」と我慢して行くあたり、
社会性が身についたなとは思うのですが。
帰宅後は、
靴下を脱ぎ去って、いまだに素足にサンダルです。

自由を愛し、窮屈がキライな娘。
靴もウエストゴムも、
果てはジーンズやブラウスに至るまで、
締め付けられる感が「苦しい」そう。
「不自然」だそう。

ラ族か、おまえは。

最近の寝起きは、靴下との格闘。
足を快適に納めるべく、一人悶々としています。
休日が好きな理由は、
「靴下はかなくていいから」ですって。
お母さんなんて、無敵の3枚履きなのに。

ともあれ、
こちらも、
休日は、朝が平和で嬉しい。

やった~~!週末~♪

子ども達 | 19:47:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
遊びの天才 「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)(991)」
近所の小学生の男の子達が、
自転車ブイブイやって来た。
自転車のカゴには、
小袋のお菓子が満載。

「ねぇー買わない?」

かわいいからひとつ付き合うかなーと
商品を拝見したら、
小袋の中身は、
たまねぎ太郎とベビースターが混じった粉!!
なんてトリッキーなんだ。。
残念だけど、遠慮することにした。

少年達は、特に落胆するわけでもなく、
じゃぁねーって、お隣へかけていった。
お隣でも同じようなやりとりを経て、
やっぱり軽やかにブイブイ去っていった。

なんのイベント?なんの支援?と思ったら、
「移動販売ごっこ」だって。(^◇^;)
最近町内でも増えてきた移動販売、
すかさず遊びに取りいれて。

子ども達はたくましい。
キラキラしてて、
ホント、心底、愛らしい。

東日本大震災 | 22:47:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
スッとするから 「子育て奮闘記f(^_^;)(352032)」
息子、疑問を持つ。

「牛乳は蒸発すると何が残るか」

塩水は塩が残るけど、
牛乳にはバターやヨーグルトなどいろいろ入ってる(?)から、
最終的に何が残るんだろうと。

そして、
息子、夢を語る。

牛乳の残留物を見極めるため、
独り立ちしたら部屋で実験する。と。

なぜ、将来?
今したら?と聞いたら、

「今は、牛乳飲みたいもん」

至極当面的な理由でした。( ̄▽ ̄)


小学5年生、
幼児の頃の宇宙的なノリから地上に降りてきて、
でもまだフワフワしていて、
彼との会話は、ホントに面白いです。
呆れちゃうことも多いけど。^^;;;

思春期の入り口。
寝癖が気になったりし出して、
以前のように書けないのが残念。

と、思っていたら、
息子がいいよ、って。
「大丈夫、僕も、ばらしてるから」
って。

そ、それは、母ネタなのか。
そう言えば、彼の友達の目が、最近・・・TT

「お母さんも言った方がいいよ、
 スッとするから」( ̄▽ ̄;)

そう!笑いはスッとするよね。
天然ネタで、ストレス発散、いいね!


ぷぷ、自虐的。(* ̄m ̄)

子ども達 | 12:22:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
息子のプライベート 「子育て奮闘記f(^_^;)(352032)」
息子への助言。

「和式トイレは、しゃがんでしましょう」
「お風呂の湯船では、座りましょう」

どんな格好でいるのか。
本日、衝撃の事実。
文字にするのは、難しい。^^;

小学5年生、
大概のことは一人で出来るので放置だったけど、
忘れてた、
彼には通用しない、人間界の常識は。
教えなかったかなぁ。
いや、そういうの、
自然に習うんじゃないのかなぁ。


「一番自然な格好だもの!」


おぉ!
我が道に一点の曇りなし!
まぶしい信念。。(┳◇┳)


自信満々の御披露目は、本人から。
今度遊びに来た時ね。^^)b

子ども達 | 08:05:27 | トラックバック(0) | コメント(1)
チロへの認可 「愛犬のいる生活(269359)」
我が家の犬チロ、2011年9月4日生まれの女の子。
キリッと男前な柴犬・・の風貌を持つ、純粋な雑種犬です。
近所からもらわれてきました。利府梨5個で。

チロ111009

生後1ヶ月で来た時には、こんな頼りない顔でした。
足下もふにゃふにゃで、
階段は顔から落ちるものだし、
ミャーって鳴くし。猫かぃって。

2ヶ月経った今、ワンと鳴きます。うなります。
鼻もツンととんがってきて、耳も若干立ってきたような。
解き放つと、庭中駆け巡って、私はもはや追いつけません。
畑の柵もひとっ飛び、競技馬もビックリの跳躍。
最近では庭から外への興味も出てきて、
昨夜の散歩はどこまでも。
帰ろうといっても、いっちょまえにふんばって固辞します。
ま、人間様の権力には敵いませんがね。

こんな風に行動範囲が広がったもの、
もう、狭い玄関のゲージに留まっているわけがない。
大変なのは、夕方。
まだ生後2ヶ月だし寒くなるからと、玄関に入れるのですが、
でもまだ体力ゲージは満タンなんですね。
なのに、狭いゲージに入れられたら、
そりゃ、文句出るでしょ、理不尽だって。
だからといって、庭に出すと、
「暗い!寒い!誰もいない!」
ってギャーギャー鳴くし。

「私は、夕飯を作らなくちゃなんないのよっ!」

犬の耳に主婦の訴え。 届かず。(ノд-。)

まぁまぁ、娘は彼女なりにお世話してます。
でも、やっぱり小学2年生、
自分本位で、片手間。
小学2年生にテレビの誘惑をはねのけ、
玄関で1時間も犬と対峙せよというのも酷か、とも。
あ。
ウチにはもう1人居ましたね、小学5年生、
果てしなく続くマイロードを歩み続ける息子が。
はい、
もちろん、全くの戦力外で。(ノд-。)(ノд-。)

でも、
そんな主婦の叫び、ダンナさんには届きました-!
チロ、座敷入室許可が下りましたー!!ブラボー!
夕方限定ですが、チロの方が家の中に居れば、
娘がみてくれるはずです。
阿鼻叫喚はなくなるはずです。

ええ、祈りを込めて。


そして。
とりあえず、今日はクリア。v(o ̄∇ ̄o)
ゆっくり夕飯食べられる-。わーい。

チロ111030

わんことの生活 | 19:09:02 | トラックバック(0) | コメント(2)
日常語? 「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)(991)」
サツマイモをいただきました。
娘が大好きです。
早速、ふかし芋にして出すと、
口いっぱいに頬ばって、娘が聞きます。
この芋はどうしたのかと。
どのような経緯でここにあるのかと。

娘「ねぇ、お母さん、
  おいも、ブッシ?」


娘が私物を玄関の床におきっぱなし。
そのまま登校しようとするので、
通り道だからどけるように言いました。
すると、壁の棚におきながら、

娘「じゃ、
  タカダイにおいとくね」


ブッシ(=支援物資)、
タカダイ(=高台)、
被災地用語、日常語。^^;

***11/8追加***

お風呂のフタを外そうとして、
どぼん!
フタがお湯の中に入っちゃった。

娘「あ!シンスイ!」

シンスイ=浸水。
震災による地盤沈下で、
大潮の日は、今も国道が浸水です。

東日本大震災 | 19:00:22 | トラックバック(0) | コメント(2)
頭痛 「★つ・ぶ・や・き★(1266533)」
犬小屋がちょこっとずれていた。
直して、頭を上げたら、出窓の下にゴッ!
後頭部をガッツリぶつけた。

痛かった。

でも、コブも血も出なかったので、そのまま忘れた。

その夜は、久々にダンナさんが早く帰ってきたので、
みんなで日帰り温泉に行った。
月見湯でぼんやり、サウナで発汗、
打たせ湯で打たれて、〆はマッサージチェアで極楽、
快食快眠・・・。
そして翌朝、

頭が痛い。|||||/(=ω=。)\|||||

ガンガンする。
出勤するも、ガンガンとまらない。
早退させてもらい、速効寝る。
ガンガン、ガンガン。

思い出すは、昨日の出窓。
打った時に痛くなくても、内出血があるとか。
あぁ、
サウナ、血行良くなっちゃったかなぁ。
打たせ湯、また頭打たれちゃって、バカ!
頭痛が増したら、吐き気がしたら、意識障害が出たら、
即救急車だと、家庭の医学に書いてある。
そう言えば、
「痛さが強くなってるような」
「ん?気持ち悪い?」
脳内出血だったらどうしよう!!!神さま。

焦る私にダンナさんが一言、
「湯冷めだろ」
えーっ?
ほら、あれ、この・・・って言葉も出て来ないし!
「いつものこと」
うぅ。
だってこんなに痛いのに。

悶々としながら、
でもいざとなったら救急車!とアイホン握りしめながら、
毛布かぶって頭抱えて、
寝て起きて、


治った。(〃゚ o ゚〃)


やっぱり湯冷め?
そういえば、
マッサージチェア、薄着で座っていたっけね。

「お母さん、私たちにばっか言うくせに、
 自分が一番ダメじゃーん!」

ほらまた娘に言われるよ。(* ̄m ̄)

つれづれ | 14:50:46 | トラックバック(0) | コメント(1)
クリケットワークショップ 「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)(991)」
CAMPクリケットワークショップに行って来ました。

娘が、小学校からもらってきたチラシを掲げ、
目らんらんで「行く!!!」と。
8月に被災地に戻って以来、
町内各地で毎週のようにイベントがありましたが、
娘が初めて自分から行きたいと言ったイベントでした。

クリケットのワークショップ。
パソコンで創ったプログラムを、
クリケットという小さなコンピューターに送って、
動くおもちゃを作るというものです。
高学年だとクリケットのプログラムから作るようですが、
娘が行ったのは、
既成のプログラムを組み合わせるという低学年版でした。
それでも充分魅力的、
クリケットにつけるおもちゃを作るのは、
創造的で右脳的で、
工作大好きな娘には、ど真ん中でした。

彼女は、普段から部屋に素材を溜め込んでいます。
食品トレイ、牛乳パック、プリンカップ、
毛糸、リボン、りんごのクッション材、卵のケース・・・
彼女の部屋、ゴミダメ。いや、宝の山。^^;

でも、ワークショップにあったその素材は!

素材1

黒豆、大豆、小豆、貝殻、マカロニ・・・、

素材2

綿棒、バラン、ビーズ、おはじき、輪ゴム、鈴・・・、

素材3

洗濯ばさみ、羽、木、リボン、羊毛フェルト・・・、

素材4

スポンジ、毛糸、紙皿、紙コップ・・・、

素材5

モール、ストロー、などなどなど。
ジャンル的には、日常生活で使うようなものですね。
でも、
やっぱりプロが準備してくれるものは、
中には外国から取り寄せの逸品もあるらしく、
立派な「素材」、娘の部屋にあるのとは雲泥でした。

ま、あるものでなんとかするのもまた、乙。
ということで。d(^^)

そして、
やっぱ、整理整頓だよなぁと思った次第。
彼女のがらくたの巣窟も、
種類毎に並べれば、ジュエリーボックスみたいになるかな。

いや、夢か。^^;;;;;

この時は約200種類のいろいろな素材を使って、
イメージを形にしていきました。
「かぼちゃカバ」「アフロペンギン」「空飛ぶイルカ」など、
“おかしな動物園”というテーマに沿って、
子ども達の柔軟な発想が形になっていました。

そして、これらを動かすのがクリケット。

プログラムは視覚的で、
パターンの組み合わせを作るだけなら低学年にもでき、
しっかり動く。しかもファンキー。^^
自分で作ったものが、動くって、
普段の工作から一歩出た特別感ですね。

娘、出来はイマイチだったようですが、
なぜだかとっても満足顔。
その顔が、嬉しかったー。
またワークショップが開催されたら、
今度はお友達を誘って行こう!!!



被災地復興支援で、
たくさんの温かい気持ちが届いています。
本当にありがたい。
子ども達の笑顔は、親の活力、未来への希望ですね。

東日本大震災 | 10:35:27 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。