■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
息子帰宅
息子の通う小学校は、被災地の代名詞のようなとこ。
震災後1年以上経っても、依然として支援が絶えません。
文房具の類は1年は買わなくてすみそう。

いや、3年か。
勉強への取り組み如何では。^^;

夏休み向けの支援もたくさんあります。
それは長期休暇ならではの、
主に旅行を伴うプログラム。
種子島、島原、富士山、TDL。
近場のイベントに人が集まらない・・って声が聞こえ、
無料に若干の抵抗感もありつつ、
彼が選んだのは北海道。

結局行くんかぃ!^^;

第一印象、「北海道は暑い」って。
でもそれはきっと長袖しか持ってなかったから。
7月だぞ、おぃ。

今回は日赤のプロジェクトだったので、
ファストエイドの講習もあったよう。
そしてお土産は三角巾。
ま、いいけど。

昨年の沖縄キャンプ同様、
相変わらずツッコミどころ満載の帰宅でしたが、
旅は確実に人を成長させますね。
受け答えがまたひとつ対等に近づきました。
子どもは変化が如実でおもしろい。

多感な時期、
珠玉の経験をいっぱいして欲しいな。

スポンサーサイト
子ども達 | 06:02:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
サマーウォーズ
面白かったな、金曜ロードショー『サマーウォーズ』
AI、セキュリティー、ハッキング、
鉄壁の守りはない。
なんか防潮堤の論議に似てた。

オンラインとアナログ。
震災後、それぞれのつながりに感謝してたなぁというのも、
リアルに思い出した。

私に一番響いたのは、明治の女像。
デジタル世界での戦争へ対抗するために、
昔からの友達、手紙を伝手に、
黒電話で電話をかけまくるおばあちゃん。

かっけーー!!!

彼女は強い信念をつなぎ、
それを受けた次世代が、きっちり仕事を決めている。
結局、歴史の核はそこだよな。
どんなに技術が高度になっても、文明が進化しても、
人間世界のことは、基本、同じだ。
きっと。

思いをつなぐ。
単発じゃだめだ、やっぱつなげなくちゃ。

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:日記

東日本大震災 | 23:36:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
名刺
息子、ある事情により、名刺を作っています。
名前と自己PRを小さな四角に込める。
字も絵もかくのが苦手な彼は、
最小限の労力で、
魅力的な名刺を作るのはどうすればいいか、
頭をひねる。

「コピー!」「パソコンで印刷!」

ええ、アナログ大好きな母親に即却下され。
2人の妥協点が、消しゴムハンコでした。
しかし。
絵心が欠落している彼は、原画を描くのがまた一苦労。
ホタテはお碗に。
巻き貝はウ○コに。
狙ってるんじゃないかと思うほどの、
秀逸な出来。ある意味スゲー。T_T

あまりにも不憫なので
単純な図柄がいいんじゃ?とアドバイスしたら、
「やっぱり、魚かなぁ」
と、海の生物の王道を。
最初からそれで行けばよかったのに・・・
ホッとした私がバカ。



正面って!!!

子ども達 | 18:35:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
授業参観
小学校の授業参観。
無傷で帰れると期待する私が、一番学習能力ない。
ええ、私が甘いってことです。

なんでこんなに自由なんだろう。
ウチの子は。

昨年度、避難先で娘の担任の先生に言われたんでした。
「授業参観で寝た子は、初めてですよー」
そう、昨年の今頃、彼女は関西を心底楽しんでいました。
毎日毎日過ぎる時間を惜しんで夜更かしして、
眠たくて、
でもキッチリした性格の彼女は、
授業中に寝るなんてありえないと、
授業参観では立派に背筋をぴんと伸ばし、
アゴを引き、口をキッと結んで、まっすぐ黒板を向きながら、

白目でした。

あんな熾烈な戦い、見たことがありませんでした。


娘にあったことが、
息子にないなんて、夢見ちゃいけません。

だいたい授業が「道徳」という時点で気づくべきでした。
娘の参観を無事におえ、
まぁ、プールだったので、寝ようがなかっただけですがね、
6年生の教室に行ってみると、果たして息子、
静まり返った教室で、すでに船をこいでおりました。
それでも私を見つけると、幾分よみがえったようでしたが、
いや、あれはやっぱり親のよく目なのでしょうか、
気づくと机に突っ伏していました。

先生は、確実に気づきながら、スルー。
彼に起きる気配はなく。
もう、ホントに、申し訳なくて、いたたまれなくて、
教室を出ようとしたら、
どうも、息子が当てられたんですね。
戸口のところで振り返ると、
にこやかな先生の前で、彼が立ち上がってて、

「※■◎?、▲▼^+:@・・・」

発せられた宇宙語に、場内失笑。
ひゃー、ま、まさかの、ネボケ?
どんだけ熟睡してんのーっっ!!
耳まで赤くなるのを感じながら、
小さい町だもの、しっかり面も割れているのですが、
他人を決め込もうとこっそり教室を出ようとしたら、
息子、
後ろを振り返り、
私を見つけてへへへと笑い、
両手をあわせて、
ゴメン、ゴメン!って!ひゃーーー!!

一切他人だから!!!えーん。

帰り道、
まずは一通り常識というものを確認し、
夜は早く寝る約束を取り付け、
それにしても、もうちょっと遠慮するべきだと、
寝型を実演で抗議したら、

「それだと、ゆっくり寝れないんだもん」

と。
母のウワテをとったように。

授業中に安眠を追及しないでください。

子ども達 | 21:29:31 | トラックバック(0) | コメント(2)
たなばた
先週末、ピアノの練習から帰った娘に、
  「今、もう一度練習しておくと、
  上手になるよー」
珍しく母が、実は含蓄のあることを言ったのに、

  「そっか、七夕か!」

全く、まーーーーったく、聞いてないって、
どうなの?この扱い。
でも、
ザンザン降りのどんより空を見上げて、
  「でも、きっと雲の上で会ってるよ」
悲恋の成就に思いを馳せる姿は、かわいい。
ま、彼らが会うのは、夜だけどね。

子どもたちが小さい頃は、ちゃんと笹をもらってきて、
洋風の我が家に、
違和感たっぷり和風な空間ができていました。
が、
娘が小学校にあがってからの我が家の笹役は、
もっぱら、



ジャック豆の木。
亜熱帯の植物だし、そもそも木だしって、抗議も聞こえますが、
今年も我が家の願いをいっぱい届けてくれました。

私と娘は、家族の健康を。
  「で、ほんとは?」
って、お互い
「宝くじ」とか「お菓子」とか、裏面ありで、ウケた。

息子は
  「くじ運がよくなりますように」
って、相変わらず運に頼ってるのがさすがやし、
仕事から帰ったダンナさんが
一瞬で書いた短冊にも、いつものひとこと。

  「世界征服」

ショッカーかぃ。


神さま、仏さま、七夕さま、
相変わらずシンプルリッチなわた家を、ありがとう。



***追記***

読み返して気づく。
息子の願いと、私の願い(裏面)、リンクしてるわ。
あ、やっぱ同じなのかー。^^;


子ども達 | 23:03:41 | トラックバック(1) | コメント(0)
今日のワタシ
今日のワタシは何か持ってた。

様子を伺いに行ったら、
ステキなお話が舞い降り。
混沌としてきた折衝も、
鶴の一声で大逆転!かも^^;の光が見え。
諸々、好転の日でした。

こんな日もあるんだなー。
嬉しいなー。

朝から3件の話し合い。
脳みそがシューシュー煙上げてます。
今日はよく働いた。
気持ちよく眠れそう。

何事も、
言ってみるもんだ。
やってみるもんだ。
周りの方に感謝だー!

仕事 | 21:59:51 | トラックバック(1) | コメント(0)
散歩と仕事
ダンナさんが不在で、子ども達のテンションが低いと、
私にまわってくるものは、

チロの散歩。

先週は、そんな日曜でした。
時間に追われていない時の散歩は大好きです。
普段いかに時間に追われているか、
余裕がないか、
自分の生活を見直すきっかけにもなり。
まぁ、先週はのんびりしすぎて
地区の掃除、ふっ飛ばしそうになったのですが。

いや、ほぼ吹っ飛ばしたというか。。。^^;

山を降りて、津波現場を通って、また山を登る30分が、
チロと私の散歩コース。
軽快に前をゆくチロのオシリ。
ふりふり。ふりふり。
一歩ごとに喜びが噴出していて、
見ているこっちも、なんだか、ほんとに、もう嬉しくて、
全部アリかなぁ~って。

仕事では諸々諸々滞っていて、活路が見出せず困っちゃう。
でも、人間って、特に私は、やっぱり一歩ずつしか歩けないんだよな。
チロと散歩しながら、しみじみと。
心と心で話せばきっといい方向へ進むはず。
私は無敵の性善説信者。

今週は2件の大きな折衝があります。
うまく話せますように!

仕事 | 08:00:26 | トラックバック(1) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。