■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
屋敷林
所沢の三富新田を知った時、
人は、
謙虚にしたたかに自然と生きる術を、
当然に生かしてたんだなと思った。
生活と政治がかみ合っているというか。

防潮堤やかさ上げ、高台移転で、
山が削られ地面が盛り上がって、
人工でガツガツとフラットに
なって行く南三陸。
すれ違うトラックの群れがやるせない。
生活がおいていかれているようで。

車で2時間、内陸には屋敷林が残っている。
ここらでは「いぐね」って言うんだって。

トラックも重機もない。ほっとするー。

1959419_605490799533017_277932370_n.jpg


スポンサーサイト
震災後の生活 | 21:40:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
あしもとは。
この仕事を始めて、カッチリ服を
着る機会がめっきり減った。
久々のスーツは身体がリンとした。
入ってホッとした。^^;

でも足は、ズックなりー。
硬い靴底は響くのだ。
治らんね。
歩けるかね、大都会トーキョー。

新幹線に乗ったよ。
さぁプレゼンの準備しよう。
奏海ファンが増えますように!

1002660_604114169670680_2015663006_n.jpg


NPO法人奏海の杜 | 21:39:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
よかった♪
年度末のくっそ忙しい時に、
風邪でぶっ倒れてうんうんして、
キリキリ舞い100乗になる。
ズバリ自業自得。
でも娘のピアノ発表会には行けてよかった
とか思う親バカ。

今夜も彼女の弾く斉藤和義、
「歌うたいのバラッド」
で澤乃泉。
どっちも染みて激うま、デス。

1010286_603857229696374_363726484_n.jpg


子ども達 | 21:37:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
助成金!
今日、結構大きめの助成金採択通知が来た。嬉しい!
勢いづいて来年度の計画に思いを巡らす。
でも、あと1つは、
ヒアリングの連絡もないからダメなんだろうな。

助成金申請は、
相手の意図を汲んで、文と数字でストーリーを描く感じ。
「なんでわからんの!」悔しい思いもするけれど、
それは、私の力不足か、相性が悪かったか。
どっちにせよ、申請のやり取りは、
心を砕く分、糧になる。

ただ。
思いを伝えるには数字にも強くならないと。
そこが大きな課題であーる。

NPO法人奏海の杜 | 07:25:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
気にして下さい。
授業参観に行ったら、
息子制服ズボンがちんちくりん。
ひゃー、恥ずかしい。

何で言わないの!
「寒くなかったよ」
じゃなくて。

裾を出そうとズボンを見たら、
派手に穴。

何で言わないの!
「不都合なかったよ」
じゃなくて!!

制服の目的は「暖を取る」ではない。
頼むよ、ホントにもう。

1606945_600150320067065_1739212131_n.jpg


子ども達 | 20:24:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
3年経った3.11
いつもの公園にきたら、
子どもらが遊んだお山が、
そっくり、なくなってた。
ここは道になるそうだ。

特別な日、
でもいつも通りの南三陸。
防災庁舎の前に人は多いけど。
お山はなくなってしまったけど。

娘もいつもの時間に登校して行き、
私もいつも通り。
私の役目をしに、行ってきます。

10003311_597594730322624_1351453885_n.jpg


震災後の生活 | 20:21:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
ひとり旅
週末は自宅。一晩だけでも。
だってひなまつり。

らしいのは、ちらし寿司とお吸い物だけ、
だけど、特別感が嬉しいよね。
みなで夕食、も含めて。

娘の手伝い上手に驚く。
まさに成長を祝う夜でした。

写真は夕飯後の定番将棋。
旗色の悪い息子。

「王、ひとり旅の予感」

だって。
注意力散漫。成長されたし。

あ、私は指せんけどね^^;^^;

1016454_594666503948780_737648715_n.jpg



セカンドハウス生活 | 20:20:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミジンコチロ
一週間ぶりに自宅の玄関を開けると、
そこにはチロ。

飛んで絡んで舐めてかじって、
あらゆる手法で、全身で、
「歓迎」を表現してくれる。
つられてこっちもテンション上がる。
必要とされるって嬉しいなー。
ありがとね、チロ。

写真は、お祭りのあとの、
ミジンコ チロ。

1654384_593328454082585_892502321_n.jpg



わんことの生活 | 20:19:00 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。