FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
両親へ。
大騒ぎで携帯のありかを探したのち、
父と近所の図書館へ。
書架も人口密度も高くて、ちょい暗め、
私が小学生の頃から変わらない雰囲気だった。
開放的で居心地のよいイマドキとは違うけど、
この閉塞感と圧迫感、
私には快適な読書環境かもしれない。

と、時間を忘れて読んでいたら、
目の端で、
父がカバンを放置しているのに気づく。
また置き忘れとる!
普段、普通に生活していることが、
とてつもなくミラクルに感じる。
地域のみなさま、ありがとうございます。。

手入れされた庭に吹く風が心地いいこと、
門扉のモッコウバラの黄色が優しいこと、
ウチか美容院かってぐらいタオルを使うこと、
この家には住んだことないのに、
実家だーーーと落ち着くのは、
やはり両親の存在だろう。

元気で仲良く長生きして下さい。心から。

31655583_1650166621732091_8193843731481231360_n.jpg



スポンサーサイト
おでかけ | 22:34:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
昔のことは。
今回は久々の名古屋駅。
新幹線北口を出たら、
大学生の頃に帰省してた風景が蘇った。
名古屋駅めっちゃ変わったけど、
所々、記憶のまま。
昔のことはよく覚えているってホントやわ。

ランチに名古屋めし、
きしめん、味噌カツ、ひつまぶし、
迷って、鉄板ナポリタンにした。
トマトケチャップの濃い味と、
赤いウインナーと卵焼き。うまー。
こちらは高校生の頃の思い出。
胃袋が覚えているっていうのも、ホントだー。

31453972_1648967628518657_3890478601891479552_n.jpg


おでかけ | 22:33:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
スズメの進化
小学生の頃の通学路に立派な桜があって、
毎年この時期にはその下にある用水路が
花いかだで真っ白でした。
いつもは淀んでるドブ川が、
清涼感に溢れて美しくて、見とれました。
花のチカラを感じた最初の思い出です。
特に桜は特別ですね。

宮城県北部でもソメイヨシノが満開です。
最近気になるのは、花びらの絨毯ではなく、
椿のように花が丸ごと落ちていること。
盛りに命をもがれているようで切ないのですが、
これは、
メジロが桜の蜜を吸うのを、
スズメが真似するようになって、
でも彼らはクチバシが短いから下手クソで、
花ごと落としてしまうからだとか。
スズメ、残念ー!
彼らのクチバシが伸びたら、
また花びらの絨毯になるのかしら。
いや、蜜を吸うという目的は達成してるもの、
そういう進化はしないかな。

スズメの進化にも立ち会えるなんて、
私も長く生きて来たなぁと思ったり。
さぁ、今日もファイト。

30713282_1635854386496648_2338358162207277056_n.jpg


つれづれ | 22:23:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
幸せの伝播
昨日は、「気になって来てみた」
と、大人が2組も奏海のドアを叩いてくれた。
知らない人の集まりの中へ1人で飛び込むのは
とても不安で、勇気のいる一歩だと思う。
本人の大きな一歩、
自然に迎えるスタッフの人となり、
みんなホント、素敵で貴重で、涙でる。
そして、
「楽しかったー!」と帰った大人たち。
満足を引き出せたスタッフも笑顔。
みんなの広場になって来たなぁ。
言霊がまたいい仕事してる。

幸せは伝播する。
幸せな大人が幸せな子どもを育てると思う。
奏海から地域へ、世界へ!
世代を超えて、地域を越えて。
大きな未来を掲げて、今を紡ぐ。

桜も咲いてきた。季節は確実に進んでいる。
明日も楽しもう。

30624708_1632584246823662_4430325286277480448_n.jpg


NPO法人奏海の杜 | 22:10:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
最終学年
土曜早朝チロ散歩、横断歩道で待っていたら、
前を通る車内の8割は中高生と母親だった。
部活送迎だなー。
みなそれぞれの生活を営んでいる。

ウチの子らは、今日は始業式。
揃って最終学年になって登校していった。
寝ぐせを気にするようになっていた。
感心感心。

変化は敏感に心に留めておこう。
それが自信につながる。
今に感謝して、今日も一日を大切に。
壁はいくつもやって来るけど、
それは生きている証だね。
私たちはいつも時代のフロンティアだもの。
自分の花を拓いて行こう。
熱烈応援しています。

いってらっしゃーい。

30221547_1627691737312913_7317402680605802496_n.jpg


子ども達 | 22:02:14 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。