FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
不登校考察
障害か健常か、正しいか正しくないか、
その評価軸は無数にあって、
人はそれぞれが選んだ軸を使って判断し、
自分の人生を生きている。

全てはグラデーションだなと思う。

宮城の千人当たりの不登校児童生徒数は
19.1人で、2年連続の全国ワースト1位。
いじめ認知件数も3位だった。
(30年10月26日河北新報)

残念な状況を憂いつつ、
でもこれは、
文部科学省が決めた枠内での調査だとも思う。
子どもの状態の評価軸として
学校に行く行かないという軸だけでみるから
不登校が憂うべき課題となる。
でも他にも、
勉強をするしない、趣味を深める深めない、
友人関係を楽しむ1人の時間を楽しむ、
様々な軸が考えられる。
例えば、「学校に行かないで勉強を熱心にする」
状態は是か非か。

とはいえ、人間は弱い生き物だから、
法や制度、社会が必要だ。
その枠内でうまくやっていくとしたら、
相手を尊重しつつ主体的に考え、
付き合い方を探っていくことがキモだろう。
たくさんの他人と出会える学校は、
そこが効率的に学べると思う。

でもやはり、学校に行くか行かないかは、
中心課題ではないと思うのです。
もう一歩踏み込んで、子どもを考えたい。

44954241_1881902441891840_3566027263294046208_n.jpg


スポンサーサイト
NPO法人奏海の杜 | 23:06:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
慣れの構造
片道1時間の運転通勤も、早起きして弁当も、
深夜のパソコンも、ルーティンになる。
生き残った感も恋愛感も、ドキドキは過ぎて、
平常心で迎えられるようになる。
その安心感が心地よくなり、
やがて日常に紛れる。

「慣れ」ってどういう構造なのかしら。
シリア武装勢力に3年間も拘束されていて
解放された安田さんは、
「監禁されている独房の中にいるという状況が
当たり前の生活のように感じ始めていて・・」
と言っていた。
そんな極限状態でも脳は慣れるのか。

慣れるから、そこに脳が反応しなくなるから、
平常心で生きられる。
常に脳がアクティブって、
慣れるのも忘れるのも難しいって、
苦しいだろう。
何事もバランスだ。

つれづれ | 23:05:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
みな確実に。
親も友人も恩師も同志も組織もワンコも、
みな確実に歳をとっている。
成長と笑い飛ばせない翳りはある。
もちろん私にも。
次も元気で穏やかに会えることを
心から強く、切なく願う。

でもだからこそ、
今はかけがえのない一日で、
新築も転職もプロジェクトも
未来を期待するチャレンジは、
それ自体が尊いと思う。

憂いは尽きない。けど、
楽しんで、誠実にやれることをやるだけだと、
いつも原点回帰させてくれる大阪。
足裏に血豆、内臓系も絶不調。今週長かった。
でも素敵な人々に囲まれて、心は温かい。。

大切にあと2ヶ月、この歳を過ごそう。
来年は亥年。トシオンナ!

44342332_1871221026293315_8223251776283869184_o.jpg


つれづれ | 23:04:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
両親へ2
二の腕体操一緒にやってみる。
父は右肩が痛いらしい。
昔の自転車事故の名残りかな。
朝のラジオ体操仲間が7人に増えたらしい。
日曜は友人と安土桃山城へドライブに行ってた。
相変わらず社交的で行動的だ。
足を引きずっているのが心配。
元気で動けなくなるのは何より辛いだろう。

母は父より腕は上がるけど、
食欲少なく体重はやがて30kg台に入りそう。
地区の掃除でもお喋り自体で疲れるだろうに、
周りに気を遣って終始にこやかで彼女らしい。
祖母が心筋梗塞になった73歳を気にしている。
私の干支にちなんで買ったと亥の置物をくれた。

息子の大学での居候、部屋を空ける算段をする。
大変だとは思いながら楽しみにしてくれている。
あぁ、なんてありがたい人たちだろう。。

元気で長生きしてください。心から。


つれづれ | 23:03:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
実家にて
久々に実家へ寄ったら、
町内清掃と防災倉庫整理のスペシャルな日で、
母と一緒に参加する。
遊びに忙しい父の代わり(笑)
自分の地区活動をすっかりお任せしている、
申し訳なさへの言い訳にも。

日曜の午後に50名も集まって、
若者がトラック出して、リレーで保存水運び。
和気あいあいと作業が進み、
膨大な量の整理が約2時間で終了した。
この地区まだまだイケている・・と思いつつ、
子供会のバットもハッピももう要らないそう。
地区の世帯数は350以上あるそう。

高齢化が甚だしく、住民の意識の差も大きい。
「定年になったら帰ってくるんでしょ?」
そういうUターンが増えているらしい。
60代はここでも若手だ。
まだまだ伸びんと。

44028978_1864324363649648_5074781018758578176_o.jpg


おでかけ | 23:02:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
映画祭で道草
映画「道草」を観て来ました。
心を揺り動かされた場面はたくさんあって、
お伝えしたい衝動にかられますが、
劇場公開に先立っての上映だったようで。
障害に関わる人もそうでない人も(むしろそっち)
ぜひ足をお運びくださいませ。

感動の流れでその後の座談会にも参加。
動画の伝え力と作る側撮られる側の思い、
理解すること発信すること、考えが巡った。
認め合う温かい場に勇気をいただいた。

法あって制度なしの状況に
一介のNPOが出来ることは少なく、
運動?連携?日々に悶々とすることは多い。
山積みの課題に遠い目になる。
でもこれはフィクションではなく
遠い外国や未来の話でもない。日本の今。
知ろうとすること、目を逸らさないこと。

あなたとは代われない。理解するのは難しい。
でも、
I can stand by you.
やっぱりここだ。出来ることから。

43274558_1854797987935619_228783643613462528_n.jpg


つれづれ | 23:01:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
追悼 樹木希林さん
9/15に亡くなった樹木希林さん、
大好きな女優さんだった。
特に詳しく知っているわけではないのだけど、
映画や番組で見る言動がことごとくツボで。
告別式での内田也哉子さんのあいさつには
希林さんの人柄が溢れていて、
私の嗅覚は間違ってなかったと嬉しかった。

『おごらず、他人と比べず、
面白がって平気に生きればいい』(by希林)

2018年度も後半に入った。
通勤路では、
組まれた稲わらが整列する時期になった。
台風一過の青空と黄金色の大地。
こんな風に見通せれば、
気持ちいいのにねぇ。。

いやいや。
混沌も平気に楽しんでいきましょうー。

42907322_1848774068538011_4695398654763073536_n.jpg


つれづれ | 23:00:32 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。