FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
娘を学校へ送る朝
娘の高校は土曜日も授業日だ。
駅まで送る朝、
家を出るのが日の出前の時期になった。
土曜日はいつもより空いているので
時間に余裕がある感覚で出たら、
マイナス3度!窓も道も凍っていて、
夏タイヤに焦る。今年は本気で忙しいらしい。

東へ向かう道。
徐々に空が明るくなって、
雲の向こうが輝き出して、
渡り鳥が鳴いて、朝日が顔を出す。
何万年も続いている朝の営みの中に、
私たちもいるんだなぁとしみじみ思う。

駅は閑散としている。
でも娘はいつものように「いってきますー」、
重いカバンを背負って駅舎に消えていく。
さぁ、私も。
今日も淡々と、でも丁寧に、
日常を創ろうと思う。
78477154_2530274570387954_6503945521239949312_n.jpg


スポンサーサイト



子ども達 | 23:15:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
ポジティブ文化交流祭9回目
天気も人も場も笑顔も最高だった。

毎年参加して
9回目のポジティブ生活文化交流祭。
今年は5人のスタッフと4組の親子、
合計13人で長居公園へ。
しかも、
大阪の4つの団体に多大なご協力をいただいて、
子ども達によるコーヒーのお振る舞い、
日々の活動で作った作品の展示、
東北の日本酒14種類を揃えた東北バルと、
充実の内容で。
しかもしかも、
宮城の現場では留守番隊の6人が、
しっかりと2種類の事業を回してくれた。
かつては、現場を閉めてスタッフ2人で訪阪し、
チラシ配りをしただけの年もあった。。

楽しそうに接客する子ども達や
お祭りを楽しむ親御さんを見ながら思い出した。
この祭で、地域に生きる障害者の姿を見て、
頑張るぞ!と奮い立たせていた、長かった年月。
ほっぺたをつねってみた。夢じゃない!(笑)

内外の親愛なる仲間たちに囲まれて、
素敵な役目をいただけていることに、
感謝しかない。心からありがとう。
74711318_2515214755227269_399210668928008192_n.jpg


NPO法人奏海の杜 | 23:13:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
朝の風景
そんなに寒くない朝、
雨上がりの澄んだ空気。
渡り鳥たちのおしゃべりが聞きたくて
車を停めると、一瞬のご褒美、
オレンジの光が勇気づけてくれた。
冬が来るなぁとしみじみ思う。
今日はいい日になるといいなー。
77411444_2504783669603711_124318738915786752_n.jpg


つれづれ | 23:12:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
あきまつり
今日は事業所で秋まつりを行いました。
いつもの活動室を作品の心地よさで満たし、
にこワゴンが出動してコーヒーの試飲を配り、
お手玉の芸とスコップ三味線の舞台を作って、
にこま〜るの子どもたちの魅力を
たくさんの地域の方々に感じていただきました。

かなプロの皆さん(プログラムでサポートしてくれている方々)のセンスと
奏海の杜のスタッフの支援力と、
保護者の皆さんのご協力と、
地域の皆さんの温かい眼差し、
そして、
にこま〜るの子ども達の意欲。
全てが遺憾なく発揮され、
絶妙のバランスで創り上げられた
素晴らしい現場でした。
網の目になった人の営み。感動しました。

日々、子どもらの満足やスタッフの充実感
に触れるたび「やっててよかった」と
幸せをおすそ分けしていただいていますが、
今日はそれが
いろんな方向からどっさり来ました。
いっぱい笑って、
いっぱいありがとうと言った日でした。
なんてありがたい活動なんだろう。。

・・・まずは一旦大きく満足して。
そしてまだまだ!
奏海のチャレンジは続きます。楽しみー。
76695250_2471733729575372_8294145206551314432_n.jpg


NPO法人奏海の杜 | 23:11:22 | トラックバック(0) | コメント(0)