FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
ビックリ。 「子育て奮闘記f(^_^;)(352031)」
先ほど、ビックリな報告があったので、
本日2個目の日記です。

息子、
「そういえば・・・」的に話だし、
転校先の小学校で、
「学級委員になった」と。

は?Σ( ̄Д ̄;)
えーっと。
状況が理解出来ないのですが。^^;;;;;

我ら純正被災者、
ここにはあちらの小学校が始まるまで、
1ヶ月くらいしか居ないし、
間借りしてる感覚で、
私は、
ひっそり静かに影薄ーく過ごすものかと思ってたのに。
だいたいこの学校のスタンダードも知らないのに。

その旨伝えると、
「だから予備の人を頼んだんだ」
と。
自分が居なくなってからの学級委員を
もう一人選んでもらったから、大丈夫だと。

大丈夫って。
なんだこの隔たりは。(゚゚;)

娘は、
「迷ったぁぁぁ~~~~」
絶叫しながら帰ってきました。
同じ地区の子達と帰ってきたのですが、
話し込んで、
その子の家まで行っちゃったって。( ̄◇ ̄;)
歩いている人に家を聞こうと思って、
横を見たら、帰宅すべき家があったとか。
「冒険だったー!うふっ」

「うふっ」って。^^;

なんだかドッサリ疲労感。
子どもの順応性って、すごい。^^;;;
スポンサーサイト





震災避難(実家にて) | 19:08:56 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
さ~すが2
わたしも小学校を三回変わったの。
変化を楽しめるタイプだったので
今も初日の記憶は鮮明。
二年生のとき、同じことがあったよ。
ぐるぐる回って、友達に行きの記憶を問われて
友達たちがああでもないここでもないと話し合って
つれて帰って来てくれた。

むすめさんも、むすこさんも
個性豊かに(^▽^;) なじんでて
親でないものとしてはほっとします。

親だったら\(;゚∇゚)/
2011-04-08 金 22:22:19 | URL | Riccia:-D [編集]
くくくっ
さ~すが♪
2011-04-08 金 18:14:13 | URL | kakkon [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する