■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
水のありがたみ、電気の支配力 「『家を建てちゃった人集合 (^^)v』(40596)」
水は生命維持に不可欠。
空気は3分、水は3日が限界ってくらいですものね。
知識としては分かっていたつもりですが、
それ、ホントにそうなんだなぁと実感した次第。

毎日の水くみは欠かせませんでした。
食用はもちろん、
お風呂やトイレ、洗濯、歯磨き、
日常生活は、水がなかったら正常に行えないことだらけです。
だいたい、自分達自体も7割くらい水なんですしね。

そういった意味では、
現代生活では電気の必要性も、かなり高いでしょう。
電気が来ない照明は壁の一部になってましたし、
全ての電化製品は鉄の塊に成り下がっていました。
スチームで調理できる電子レンジ、
ドラム式で節水できる洗濯機、
シュンとしてましたから。^m^

娘は音のならない電子ピアノで練習していました。
口で出す音が、意外にメロディになっていて、
心地よかったです。
こういう殺伐とした空気の時、音楽は心の角を取りますね。

電気がすごいなと思ったのは、
家庭内のもの、殆どに絡んでいることです。

例えば、トイレ。
レバーは手動だし、流れていくのは水だし、
ノンエレキと思っていたら・・・
絡んでいるんですね、地中で。
ウチは合併浄化槽なのですが、
その浄化の課程に電気が使われているとか。
電気がないとポンプが動かなくて、
タンクからブツが溢れてしまうって聞きました。
なんておそろしい話。w( ̄▽ ̄;)w

太陽光発電でも驚きました。
屋根にパネルが乗っている家、いいなぁと思いました。
電気、本気で恋しかった。
初めて太陽光にしなかったことを悔やみました。

でも、違った。(* ̄ー ̄*)

あれも、
電気がないと操作パネルが動かないから・・・

屋根の一部か。^^;;;

ま、でも、
そもそも、災害時のための装置じゃないんですものね、
「ソンナコト イワレタッテ!」
彼の言い分もわかりますけど。
立派に乗ってて、その輝きがまた、寂しかったです。TT

そう見てみると、今の生活では、
電気以外の単一の燃料で動くモノってすごく少ないですね。
石油ファンヒーターも灯油だけじゃ動かないんですもの。
石油って冠付くのに。

ね、
こんなに電気に頼ってる生活って大丈夫なの?
不安になりますが・・・。

そんな中、我が家で一番大きな顔をしていたのは、
上でお湯が沸く反射式ストーブ。^^)v
薪ストーブのお家は落ち着いた雰囲気だったし、
避難所に作られたぼっとんトイレも光ってましたよ。(*TーT)人(TーT*)

やっぱり、昔の生活って不滅ですね。
スポンサーサイト


東日本大震災 | 07:49:39 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
水汲み
給水所まで片道5キロの事実(ウチの場合)知った今、というか知ってはいたけどガソリンなくて行けないし!とか数百人の行列だし!とかの事実がわかると、天水桶絶対つけよう!と心に決めてます。未曾有の事態で活躍したものは原始に近い物品だよね。プロパンガスとか^^;黒電話がつながる、なんて話聞いたけど黒電話持ってる人は一人も知りません^^;
2011-04-12 火 17:35:53 | URL | まる @^_^@)/ [編集]
太陽光発電
使えるそうですよ。
ご近所さんもお友達んところも売電から使う方に切り替えるだけだよって言ってました。
でも当たり前なんだけど、太陽が出ている時だけなので
夜はダメなんだけどねえって。。。
それでもうらやましかったです。

原発を作る費用分を補助としてだして
いっぱい太陽光発電を普及させればいいのにねえ。
まめちびも貯金しようかと思ってます。
2011-04-12 火 12:00:47 | URL | まめちびぽち [編集]
今日の宮城は晴天です
青空を流れる白い雲、澄んだ空気、庭にひっそりと咲くオオイヌノフグリの薄紫色の花。ちょっと強い風も春を感じさせてくれます。また来ました、余震。同じ空をいろんな人が、いろんな思いで見上げてるんですよね。登米市南方在住の私も、震災後しばらくはいつの時代の生活をしてるんだ?畑の野菜とお米で毎食雑炊、ろうそくで灯りが寂しい時はトラクターのライトで茶の間を照らす。農家の跡取り娘の自分に悲観的だったはずが、助けられましたよご先祖様に…そして、ご近所さんや関東にいる友人・親戚に。生きてるって実感ありました。復興までに長い道のりだけど、ゆっくり歩んでいきましょう。お帰りを、そして8年ぶりに再会できる日を待っています。
2011-04-12 火 10:33:03 | URL | えりこ [編集]
それでも
電気は復旧早いです
本当にそれだけは感心しますね 今回みたいに根っこがやられるのは本当に困りますけど

とにかく最初の3日間しのぎきれば何とかなると思ってるんですがいかがでしたか?
いずれにしても水はねえ、最悪泥水や雨水を濾して飲む方法だけはこっそりメモしてますが、たぶん無理ですー
2011-04-12 火 10:23:36 | URL | マトちゃん♪ [編集]
当たり前からの脱却。
まだ私の時代は井戸やぼっとんやへっついさんや五右衛門風呂知ってるけど、今の子ども達は電気や水道が当たり前だもんね。

太陽光発電は太陽出てる時だけ非常用でホンの少々使えるはずなんだけど違った???
もう一度調べてみます!
2011-04-12 火 08:48:16 | URL | kakkon [編集]
医療器具も
電気不能のばしょで昔の道具が活躍しますよね。
何度かAMDAの勉強会かつ、報告会に参加して
被災地や難民キャンプの医療活動をみて本当に驚きました。
そのときこそ、医者の目、耳の力が問われるんだなと。
つい、便利さ追求で忘れてしまう技術の進化の過程。
子供たちに必ず伝えていきたい課題だな、と感じます。
2011-04-12 火 08:33:16 | URL | Riccia:-D [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad