FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
被災地の社会に大切なこと 「『家を建てちゃった人集合 (^^)v』(40596)」
地震後、地域で唯一無事だった中学校には、
たくさんの人達が避難してきました。
体育館は、翌日の卒業式の準備がほぼ終わっていました。
紅白幕の下、着の身着のままの人達、
ドロドロになったグリーンシート、レッドカーペット。
3年生たちはどんな思いで見てたでしょう・・。TT

そうやって始まった被災地の生活、
私は、社会というものを学びました。

***

学校にあるものをいろいろ体育館に集めました。
特にお茶は喜ばれました。
水分は取らなくちゃですし、何より温かいものはホッとします。

毛布は全員に行き渡らず、
生徒達は、段ボールを敷いて、何人かに一枚の毛布を被って、
教室で使っていた膝掛けや借りた上着をプラスしていました。
先生達は、毛布が入っていた袋を床に敷いて寝ました。
一睡も出来ませんでしたがね。^^;

夕飯は午後8時頃におにぎりが1人1つ配られました。
調理室で炊き出しをしてくれたのです。
芯の残ったおにぎり、まだ温かかった。
早く早くと握ってくれたのでしょう。
手、真っ赤になったでしょう。本当においしかった。

お茶、毛布、おにぎり。
まずは生命の維持にと動いていたとき、中学生は大活躍でした。
みんな、先生の号令1つでキチッと動くので、すごくスムーズ。
まとめる人、動く人、指揮系統をハッキリさせるというのは、
有事には大事なことですね、きっと。


震災の夜は、みなそれぞれ「たどり着いた」という雰囲気で、
思い思いの場所に寝ましたが、
翌日、対策本部ができ、人を整然と何ブロックかに分けました。
地区ごとの名簿も作られ始めました。
まっすぐな通路が出来たことで、物資の配布もしやすくなりましたが、
見た目にもスッキリして、気持ちが落ち着くのを感じました。

数日後に行った避難所では、
自治会や班、係などが決められていたよう。
トイレ当番表がありました。
水をプールから運ぶ、掃除するなど、
班毎、仕事毎に中学生が割り振られていました。
それを見ていたら、知り合いの男の子が、
「役に当たってるから!」と走って行きました。
表示するって、
連帯感、責任感が強まるのかなぁと思いました。

地区での配給でも社会を感じました。
配給って、例えば10人いたら10個とか、分かりやすい数では来ません。
物資の仕分け、品目毎に分けるだけでも大変でしょうからね。
そのアバウトな数の物資を公平に分けるのは、結構骨が折れます。
でも、不公平や隠蔽は不満のもとなんですね。
「なぜ?」の問いに応える時間もなかったですしね。
何より、
食べ物の恨みは恐ろしい。^m^
誰にでも分かるような公平な基準、公明正大さ、明朗さも、
コミュニティの平和に必要だなと感じました。
まぁ、限られた人数だからというのもあるでしょうが。

こんな中で、個人的に心がけたのは、やっぱり、

「笑い」ヾ(@^▽^@)ノ

対面して心の底から笑う。笑いあう。
笑いは、コミュニティの潤滑油。
お腹が空いていても元気が出る、最高のごちそうでしたよ。
スポンサーサイト





東日本大震災 | 07:54:34 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
泣いても笑っても。
同じ1日なら笑う方がいいよね。
不安も何もなくなって本当に心の底から笑える日。
そういう日が早く来るようにと願い祈ります。
2011-04-13 水 23:51:02 | URL | kakkon [編集]
瀬戸内寂聴さんが昨日言ってたよ^^同じ事
被災地の人に頑張れとは言えない。でも一日一回でいいから心から笑えることを見つけて欲しいって。わたちゃんの身を案じてるときも、生存確認出来たときも「やっぱり笑う門には福来たる」の人だ!!と嬉しくなったよ。被災数日後でも場所によってはおにぎり一日2個、とかもっと少ないところとかも聞いてびっくりしたし、温かいものを食べられる幸せを本当にありがたいと思える出来事になってしまいました。
2011-04-13 水 18:01:46 | URL | まる @^_^@)/ [編集]
わらい
そこでわらってこの辛さを乗り越えた分、どこかでしっかり緩めてください。緩めてほしい。わたしは、その笑顔は、いちばんつらかったことのひとつだよ。そして、そのとき心から自分なりに、小さな力でも、手伝いたいと思いました。。。
2011-04-13 水 12:58:51 | URL | Riccia:-D [編集]
本当に
東北には粘り強い気質の方が多いと聞きますが、それでも今回の被災された方でも、前向きに進まんがために無理にでも明るい表情をされてる方がいらっしゃって・・・
でも、マスコミが無遠慮にずかずかとインタビューしているのを見るのがイヤでそういうシーンはすぐに消しちゃいました

いろんな意味で日本人ってすごいよなーと思うことが多いです
ただ、姫様の書かれてる内容拝見すると、想像以上の厳しさがよくわかりました
本当におそらく最も残酷な状況下であった場所の一つだったんだなあと改めて感じます
2011-04-13 水 09:37:09 | URL | マトちゃん♪ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する