■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
震災後の手紙 「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)(991)」
娘@7歳、依然として手紙フェチ。
震災後3日目に書いた祖父母への手紙が、
実家にありました。
相変わらずレインボーな雰囲気で、

額に入って。!(゚ロ゚屮)屮

東北での無事を、関西へ伝える。
電話もメールも使えない時、
900キロの距離を超えられるのは手紙でした。
しかも、手紙を託したのは、自衛隊のお兄さん。^^;
ポストもないんですもの。
軽く飛脚の世界。^m^
やっぱり、帰るのはアナログですね。
お兄さん、届けてくれて、ありがとう!!

手紙

「おじいちゃん、おばあちゃん、げんき?
 こっちはみんなげんきだよ。
 つなみこわかったね。
 金よう日は学校でねたんだよ。
 ぜんぜんたべてなかったから ぐっすりねれなかったから
 よるに三回おきたんだよ。
 土よう日には一人一つづつおにぎりをもらったんだよ。
 とてもおいしかったよ、
 でも おばあちゃんの肉にはかなわないな♪」

押さえに高級肉を要求してますがね。(* ̄m ̄)

あの日は、息子と娘は小学校で、
(娘は下校中で・・これについてはまた別の機会に^^;)
ダンナさんは小学校から西へ10キロくらいの職場、
私は小学校から東へ15キロくらいの職場で、被災しました。
道路は寸断、夜中津波も押し寄せていて、
安否が気になりながらも、
子ども達のところへ行く術がありませんでした。
物資も少なく、雪の降る寒い夜、
みんな眠れない夜を過ごしたのですね。
娘は友達と3人で1つの毛布を分け合ったそう。
息子は、

「机を布団にした」

・・・そうですが。(* ̄Oノ ̄*)

土よう日、小学校へおにぎりを炊き出して下さった方々、
本当にありがとうございました。
どんなにおいしかったことでしょう!
娘的に最高レベルの「おばあちゃんの肉」と比べるなんて。^^

あと、
「つなみこわかったね」
って、同意を求めてるのがおかしいんじゃ?と思ったら、
表現的には正解。
日本全国で津波が来たと思っていたらしいです。
平和な関西へ来て、「あれ?」ってなって、
状況を知ったら、「ずるーいっ!」って。

自然災害の恐ろしさ、世の中の不条理、
いろいろ学んでますね、7歳。^^
スポンサーサイト


東日本大震災 | 04:04:38 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
まだ7歳なのに
とっても文章がまとまっていてお上手です♪
そしてモクモクで囲ってある部分はぜひ強調したいところなのかな?

・・・あ、「肉」も囲ってあるね ^^
2011-05-12 木 18:05:04 | URL | ぷぅ~♪ [編集]
レインボーなのに
すごく字が読みやすい....
うちの小5に爪の垢ぷりーず
2011-05-10 火 16:20:00 | URL | しぃ [編集]
ほんと、カラフル
元気になるもんね。そりゃ、額に入れるよ。

なんかさ、前よりも読みやすくなったよね。
上手になってきたね♪

・・・その分、私はオバチャンに(;´▽`A``
2011-05-10 火 14:04:15 | URL | みね(*^^)v [編集]
カラフルだー
相変わらず、パワフルカラフルな手紙です
そして、肉食乙女(^_^)

姫様、またリターンされてるんですね
それがいいと思います きっとお子さんにもいい経験になることと思いますよ
2011-05-10 火 12:59:25 | URL | マトちゃん♪ [編集]
額に^^
おじいちゃんおばあちゃんはどんなに手紙喜んだでしょう。

で、松阪肉用意して待ってたでしょうね^^
2011-05-10 火 10:07:59 | URL | kakkon [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。