■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
4ヶ月を振り返って 「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)(991)」
うーん、買ってしまった、
作文集「つなみ」

震災に関して、
子ども達が等身大の現実を書き綴った文章が集められています。

正直に言うと、
こういうの、読むのつらい。避けたい。
一度はスルーしました。
でも、店に戻って買ってました。
忘れちゃいけないって、引っ張られて。

でも、読めないんだよなぁ~。

それはレビューにあるような、涙が出て・・という
気持ちの高ぶりで読めないんじゃなく、
読んでも気持ちが上滑りする感じ。
なんだろう、この感覚。
世間はどんどん次へと進んでいるのに、
私は入っていけない。作文さえ読めない。
一体いつ読めるようになるんだろう・・・と、
自分の4ヶ月を振り返ってみると。

毎日平和で、気持ちも安定してて、
笑いに満ちあふれた生活でした。
充実してて幸せな日々でした。
でも、
やっぱり、避難は、避難なんだ。
生活じゃなくて行事?というか、
とりあえずな感じ、イレギュラーな状態。
楽しいけれど期限付き。
あちらを忘れるわけにはいかないから、
仮住まい感が抜けなくて、
気持ちは宙ぶらりんだったのです。

私の復興は、
やっぱりあそこからでないとダメなのか。
戻れることに感謝なのか。
フクシマの人々にも想いを馳せて。

避難生活、残り1週間を切りました。
いろいろ思うことはありますが、戻ります。
たくさんたくさん考えて、行動して、会って、
濃くなった4ヶ月でした。

関わってくれた温かい全ての人に、
ホントに、ホントに、ありがとう。。
スポンサーサイト


震災避難(実家にて) | 09:44:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。