■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
卒業式 「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)(991)」
8月13日は、勤務校の卒業式でした。

約5ヶ月前、3月11日は、
翌日の卒業式のために、準備の大詰めでした。
午前中は、式の段取りや合唱の総練習をし、
午後は、校庭や校舎の掃除、体育館でも会場設営を。
みなが晴れの門出を思い描いて。

そして、午後2時46分・・・。

津波の後は、避難所となった体育館。
紅白幕の下で毛布にくるまる生徒たち、
泥に汚れたレッドカーペット、
ストーブの周りに並ぶパイプ椅子、
配給のおにぎり。
ミスマッチな眼前の光景を全く実感出来ず、
ボンヤリとしてた頭に、不意に
「今ごろは卒業式だったんだよなぁ」
って冷静な言葉が浮かんできて、
切なかったのを思い出します。

そして昨日の卒業式。
校庭には仮設が建ち、前日には避難所が閉鎖されました。
これは、3年生だけじゃない、
町の人みなにとっての区切りだったように思います。

送辞、よかった。
「ボクは、この町が大好きです」って。
大、好きって。
自信に満ちた宣言は、先輩たちだけじゃなく、
会場にいた全ての人に、響いたと思います。

そして、みなで一緒に歌った
「きっとまた逢える」
ググっても出て来なかった、誰の歌なんでしょう。
通常時でも染みる歌詞ですが。

「今も心に残る海は 
 ともに過ごした日を歌って
 それは変わることのない絆
 新たな道へ進んでも 忘れはしない
 大切な思い きっとまた逢える」

効きました。


変わっていくもの、
変わることのないもの、
選択する覚悟、行動。
思い悩んでも、震災なんて起こっちゃう。
過去は戻らないし、未来はわからない。

今を大切に、精一杯生きよう。
やっぱり私は、今日も一日。
スポンサーサイト


東日本大震災 | 08:41:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。