■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
けーこさん 「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)(991)」
初めて会ったのは、2001年の春先。
「関西人的には、まだ冬よなぁ」
と認めてくれた言葉、どんなに嬉しかったか。

全く知らない東北の田舎に来て、初めての子育てを始めた私。
車が必須なんて生活、したことなかった。
お店は早くにしまるし、信号も点滅しちゃう夜、
暗くて怖かった。
口数の少ない東北の人々、冬の寒さの閉塞感。
アウェー感につぶされそうになって、戸惑う日々。

6畳にファンヒーターを2台とコタツ。
ズバリ「ひきこもり」だったと思う。
日中はよく泣いてた。鬱だったのかもしれない。
そんな自分がイヤで、始めたのがホームページだった。
生後半年の息子との日常を書き綴る。
なるべくおもしろおかしく。
それで心の均衡を保っていた。

そのページにアクセスしてくれたのが、けーこさん。
初めてあった時は、
華やかなロングスカートで息子くんの手を引いてた。
色のない冬の景色に映えていた。
橋のたもとで、待ち合わせ。
異国の地で私を待ってくれる人がいるなんて!
ホントにホントに嬉しかった。

年齢は少し上。東北暦も子どもの歳も少し上。
この10年、お互いいろいろな事を話した。
生活スタイルも子どもの年齢も違うから、
毎日会うといった感じではなかったけれど、
季節ごと、折に触れて、
「あー、最近、話してないなぁ」
と思うと、「最近どない?」ってメールが来た。
不思議な連帯感。
話し出したら3時間くらいあっという間だった。

自分もいろんな経験をしているから、
考え方の違いや背景まで想いを馳せられる人で、
また、育った環境が似ていることもあり、
安心して腹を割って話せる、大事な大事な友達だった。

戸惑う私にかける言葉は、いつも前向きだった。
「そうそう、そうなんよ」
そういわれると、悩んでた自分がとっても小さく感じ、
別れるときにはいつも笑顔になれていた。
私より数倍重い苦悩を抱えてるのに、
でも、数倍明るかった。


あの日、2011年3月11日、
仕事帰りに家に寄る約束をしていた。


あの日の朝にメールもらって。
翌日の中学校卒業式で父兄代表で話すのに、
その原稿が出来てない!って。
「あした、やん!」
焦る私にケラケラと笑って「困ったなぁ」って、
ちっとも困ってなくて。

原稿をパソコンに送るから見て♪と、
何度もトライしてくれるのに、どうしても着かない。
アドレス間違ってない?
インターネットつながってる?
だから「パソコンは使えるようになりや!」って言ってたのに。
そうこうするうちに出勤の時間になって、
「帰りに寄るわ!」と言って。

津浪が来て。

寄れなかった。

卒業式、何を話すつもりだったんだろう。
でも数日前、
子どもが中学を卒業するってどお?って聞いたら、
親の義務、果たせたわーって。
サバサバした笑顔が目に焼き付いている。
子どもの選択をしっかり受け入れていて、
信頼してて、すごく前を向いていて。
気持ちよかった。
あぁ、そういう気持ちで私も息子を送り出したいなぁと思った。
たくさん、たくさんの想いがあったと思う。
みんな抱えて逝ってしまったね。

新築祝いにもらったジャック豆の木、
もう1階の天井にとどく勢いなんだよ。
どんな木か調べたら、
「樹高30mになる」って、どないやねん!!
いつか吹き抜けにそそり立つ木を見上げて
「さすがジャックやなぁー」
って、一緒に笑いたかった。

震災後、運転オンチのわたしが、
900キロを運転しなくてはいけないと迫られたとき、
けーこさんも行ってたっけって、
「無理じゃない」ってどれだけ勇気づけられたか。
日帰り伊勢神宮とか、
鳥取まで下道で豪雨大爆走とか、
大したことないって、報告してくれた。

今朝、
近所の奥さんと話をしていて、
娘さんがご主人の教え子だったと聞いた。
ご主人が描いた「どろぼうの絵」が好きだったって。
終業式にもらったって喜んでた。

家のシンボルツリーのジューンベリー、大好きだったね。
花と実と紅葉と、
この木は1年に3回も楽しめるんだって。
お得だって。あんたらしい。^^

湧いてくる思い出は、尽きない。

けーこさん、大切な大切な友達。
これからはずっと心の中に。
スポンサーサイト


東日本大震災 | 12:30:03 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
ですよね~
>呼びかけにくいわ、なまこさん。。^^;

サザエさん一家の一員のように
お気軽に呼び掛けていただけたら
嬉しいです~♪ また来ますねー(*^_^*)
2011-10-02 日 00:25:22 | URL | なまこ [編集]
なまこさん
うん。ありがとう-。

呼びかけにくいわ、なまこさん。。^^;
2011-09-28 水 20:43:44 | URL | わた姫 [編集]
せんぱい~
そんな別れもあったんですね……。
ずっと心の中に、ですよね、友情は不滅です本当に。
素敵な日記をありがとうございました。
2011-09-27 火 11:38:30 | URL | なまこ [編集]
kakkonさん
はい!^^
2011-09-25 日 19:34:23 | URL | わた姫 [編集]
素敵なお友達。
大事に大事に。
そしていっぱい思い出してあげて^^
生きてた証しを繋いであげて^^
2011-09-22 木 22:27:30 | URL | kakkon [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad