■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
未来へ 「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)(991)」
我が家がある地区は山の上にあるので、
地区の大部分が津波の被害を免れました。
震災後は親戚などが避難してきて、
一つ屋根の下に15人が住んでいたというのも聞きます。
ってか、
家、でかいっしょ。^^;;;

そんな感じで地区がごっそり残ったので、
小学校の地区機能も健在で、行事や役割分担も行っています。
こういう粛々とした日常の営みは、
震災前の平穏に向かって動き始めたようで、
地に足がついてきたようで、ホッとします。

そんな日常の一つに、小学生の登下校の引率があります。
ま、ぶっちゃけ、震災前はしてなかったんですがね。

って、どないやねん。^^;;;

というのは。
町の小中学生は、震災後、バス通学になったんです。
津波現場を歩かせないようにとの配慮で。
この地区には30人ぐらいの小学生がいて、
朝は、山の下まで来るバスに乗って通学しています。
そのバス停までの集団登校に、
朝夕保護者が一人ずつついているのです。

ただでさえギリな朝、
時間捻出に目が回りそうになるのですが、
私はこの引率の時間が大好きです。

彼らのたわいもない会話を聞いたり、
学校であったことを話してもらったり、
一緒に蜘蛛の巣を数えて歩いたり、
近所のおばちゃん役が、心地良くて。

なんかホントに、
子どもって、キラキラしてて、いいー。

今日は、秋晴れの清々しい朝でした。
登校風景

未来へ。
スポンサーサイト


東日本大震災 | 21:21:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。