FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
マツシマ
松島に行く機会がありました。

東日本大震災では、
宮城県沿岸は津波で大きな被害が出ましたが、
そのド真ん中にあって、被害が少なかったという松島。
2mほどの防潮堤はもちろん、
海のすぐ際に建つホテルの松も、
従来どおりの枝ぶりを誇示しておりました。

海には無数の小島が浮かんでいて、
ホテルからは、水平線が見えませんでした。
松島湾は穏やかで、
島で大海の荒波から守られているといった雰囲気。
昔から人が寄り添っているところというのは、
それなりの意味があるのだと、しみじみ感じました。

松島

それでも、地震の爪あとは、町内いたるところで感じました。
ひび割れたアスファルト、段差を越えて、
南三陸町行きの大型観光バスが通っていきました。
小さなことに歩みを止めないで、
大きな未来を見据えてさぁ進め~!
と言われているような気がしました。
それは、正しくて良いことで大切なこと。復興は、勢いが必要だもの。

でも、そのスピードに少し疲れたら、
止まってもいいよね?
だってゴールが、あんなに遠い。

マダ イチネン ナンダヨナ。。

温泉につかりながら、ぼんやりしてると、
「1週間ぶりに入ったお風呂、気持ちよかった!」
「お礼のはがき、100枚で足らなかったんだ!」
一年がランダムに浮かんでは消えました。
そこに出るのはお世話になった人の顔。
ほっこり心もあったかくなって、
すっかり私は、のぼせました。^^;
スポンサーサイト





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

東日本大震災 | 22:27:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する