■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
歩きました
震災後、仙台へのアクセスは、
自家用車か高速バスのみ。
約2時間の長旅です。
まぁ、JRがあったときも、
朝夕1本ずつの快速で1時間半、
それを逃すと次は3時間待ちだったりして、
まぁまぁ、
僻地具合は震災とか関係ないですがね。f^^;

宮城県沿岸部を通る高速バスは、
一日往復3本だけなので、
結構知り合いにあったりします。
旅気分で、
それがまた自家用車とは違った楽しみでもあります。
不便を楽しむのもだいぶ慣れました。

最寄りのバス停があるのは、
国道沿いの、元建物の基礎の上、
津波の第一上陸地点的なとこです。
バスを降りると目の前が海で、
振り返れば、彼方、
我が家がある山も見えます。
延々広がる津波現場は、
毎日車で通っているけれど、
自分の足で立ったら違う場所でした。
建物の鉄骨やコンクリートのかけらの、
存在感の大きいこと!
信号がついて、瓦礫が片付けられて、
景色はキレイになっていきますが、
足元にはガラスの破片や金属の類が
無数に散らばっていました。
復興って遠い。
我が家も遠い。
そんなことを思いながら、バス亭から家まで歩きました。



国道端、整えられた側溝には、真新しいカバー。
1歩進むごとに1つ番号が増える。
57、58、59、60・・・
あらためて、

自分の足で1歩1歩だな。うん。
スポンサーサイト


東日本大震災 | 20:03:38 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

-
管理人の承認後に表示されます
2012-05-30 Wed 00:24:06 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。