■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校2年生の天然息子と、中学2年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
授業参観
小学校の授業参観。
無傷で帰れると期待する私が、一番学習能力ない。
ええ、私が甘いってことです。

なんでこんなに自由なんだろう。
ウチの子は。

昨年度、避難先で娘の担任の先生に言われたんでした。
「授業参観で寝た子は、初めてですよー」
そう、昨年の今頃、彼女は関西を心底楽しんでいました。
毎日毎日過ぎる時間を惜しんで夜更かしして、
眠たくて、
でもキッチリした性格の彼女は、
授業中に寝るなんてありえないと、
授業参観では立派に背筋をぴんと伸ばし、
アゴを引き、口をキッと結んで、まっすぐ黒板を向きながら、

白目でした。

あんな熾烈な戦い、見たことがありませんでした。


娘にあったことが、
息子にないなんて、夢見ちゃいけません。

だいたい授業が「道徳」という時点で気づくべきでした。
娘の参観を無事におえ、
まぁ、プールだったので、寝ようがなかっただけですがね、
6年生の教室に行ってみると、果たして息子、
静まり返った教室で、すでに船をこいでおりました。
それでも私を見つけると、幾分よみがえったようでしたが、
いや、あれはやっぱり親のよく目なのでしょうか、
気づくと机に突っ伏していました。

先生は、確実に気づきながら、スルー。
彼に起きる気配はなく。
もう、ホントに、申し訳なくて、いたたまれなくて、
教室を出ようとしたら、
どうも、息子が当てられたんですね。
戸口のところで振り返ると、
にこやかな先生の前で、彼が立ち上がってて、

「※■◎?、▲▼^+:@・・・」

発せられた宇宙語に、場内失笑。
ひゃー、ま、まさかの、ネボケ?
どんだけ熟睡してんのーっっ!!
耳まで赤くなるのを感じながら、
小さい町だもの、しっかり面も割れているのですが、
他人を決め込もうとこっそり教室を出ようとしたら、
息子、
後ろを振り返り、
私を見つけてへへへと笑い、
両手をあわせて、
ゴメン、ゴメン!って!ひゃーーー!!

一切他人だから!!!えーん。

帰り道、
まずは一通り常識というものを確認し、
夜は早く寝る約束を取り付け、
それにしても、もうちょっと遠慮するべきだと、
寝型を実演で抗議したら、

「それだと、ゆっくり寝れないんだもん」

と。
母のウワテをとったように。

授業中に安眠を追及しないでください。
スポンサーサイト


子ども達 | 21:29:31 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ゆくなつ父さま
相変わらずの息子です。
いや、最近、娘も怪しげですが。TT
2012-07-16 月 21:29:06 | URL | わた [編集]
大物 ということで。
2012-07-15 日 00:26:21 | URL | ゆきなつの父 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。