■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校1年生の天然息子と、中学1年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住16年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コミュニケーションのツール
息子ネタでマジメな話w

大枚はたいて買った制服を
着ていないことが発覚。
なぜ着ていないか聞くと、
「渡されてない」
「ホントに買ったの?」
と。
何を寝ぼけているのかと思ったけど、
家捜ししても見当たらない。
私もあれは夢?とか思っちゃったけど、
レシートが現実を伝えていた。

果たして発見。
息子が適当に片付けていた。

私は私を疑った息子から、謝罪があると思った。
でも息子は
「なぜ僕はこんな所にしまったんだろう」
という疑問から離れられず、
憮然とした表情で頭をひねっていた。

謝罪があると思っていた人が頭をひねっている。
これは、
「自分は悪くないのに」
というゼスチャーに見える。
私は腹が立った。
彼は自分は悪いと認識しつつ、
他のことで頭がいっぱいなだけだった。

2人の溝を埋めてくれたのは、言葉だった。
互いの思いを伝え合って、
思い違いを確認しあって、
一件落着。
今は、気持ちよくお酒をいただいている。

彼は、拙いけれど、
自分の気持ちを表現する術を持っている。
語彙が圧倒的に少なくて、
上手く操れなくて、
導引に手間取って、
やっとコミュニケーションが成り立ったけど。

発達障害はそういう技能の程度の差
だと思っている。
彼らは、表現が不得手なだけ。
言葉にならない思いをくみ取る作業、
それは健常児でも同じだ。
障害者福祉も、子育ても、
こちらのキャパシティを測られる分野だな
と、つくづく。

写真は、今朝の息子の洗濯物。
タグ付き。
いつ気づくかね。
ま、
私も干すとき気づかなかったけどねww

10390327_645922302156533_2300684392018691123_n.jpg
スポンサーサイト


子ども達 | 23:27:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。