FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
慣れの構造
片道1時間の運転通勤も、早起きして弁当も、
深夜のパソコンも、ルーティンになる。
生き残った感も恋愛感も、ドキドキは過ぎて、
平常心で迎えられるようになる。
その安心感が心地よくなり、
やがて日常に紛れる。

「慣れ」ってどういう構造なのかしら。
シリア武装勢力に3年間も拘束されていて
解放された安田さんは、
「監禁されている独房の中にいるという状況が
当たり前の生活のように感じ始めていて・・」
と言っていた。
そんな極限状態でも脳は慣れるのか。

慣れるから、そこに脳が反応しなくなるから、
平常心で生きられる。
常に脳がアクティブって、
慣れるのも忘れるのも難しいって、
苦しいだろう。
何事もバランスだ。
スポンサーサイト





つれづれ | 23:05:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する