FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
不登校考察
障害か健常か、正しいか正しくないか、
その評価軸は無数にあって、
人はそれぞれが選んだ軸を使って判断し、
自分の人生を生きている。

全てはグラデーションだなと思う。

宮城の千人当たりの不登校児童生徒数は
19.1人で、2年連続の全国ワースト1位。
いじめ認知件数も3位だった。
(30年10月26日河北新報)

残念な状況を憂いつつ、
でもこれは、
文部科学省が決めた枠内での調査だとも思う。
子どもの状態の評価軸として
学校に行く行かないという軸だけでみるから
不登校が憂うべき課題となる。
でも他にも、
勉強をするしない、趣味を深める深めない、
友人関係を楽しむ1人の時間を楽しむ、
様々な軸が考えられる。
例えば、「学校に行かないで勉強を熱心にする」
状態は是か非か。

とはいえ、人間は弱い生き物だから、
法や制度、社会が必要だ。
その枠内でうまくやっていくとしたら、
相手を尊重しつつ主体的に考え、
付き合い方を探っていくことがキモだろう。
たくさんの他人と出会える学校は、
そこが効率的に学べると思う。

でもやはり、学校に行くか行かないかは、
中心課題ではないと思うのです。
もう一歩踏み込んで、子どもを考えたい。

44954241_1881902441891840_3566027263294046208_n.jpg
スポンサーサイト





NPO法人奏海の杜 | 23:06:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する