FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
活動を継続させる舞台造り
児童養護施設の子ども達は、法律上18歳で施設を出る。
施設を出るということは、
寄る傘がなくなるということ、
独り立ちを強制されるということ、
働かざるを得ないということ、なんだ。。
支援の切れ目問題、
ミスマッチ問題はここにも起こっていて、
2年以内離職率が70%というデータもあるよう。
東京の高校生求人倍率は7倍という現状で、
これは本人にとってはもちろん、
企業にも社会にも不幸だ。
児童養護施設と企業の間に入って、
このミスマッチによる残念を取り除こう
とする取り組みを拝聴した。

障害福祉分野でも声高に唱えられる「意思決定支援」
でも本人の意思がどこにあるのか、
本人さえもわからない場合が多い。
それは、情報や意欲の不足、そして経験の不足による。
そこを補う情報提供、インターンシップ、
会社訪問などのキャリア教育を、高校在籍の間に行う。
そして、
若者を育てたい企業と働かざるを得ない学生の、
自己決定に基づくマッチング。
離職率は15%程度になったそう。
やはり、本人の中身を濃くすることが好転の第一歩だ。

本人と企業それぞれの思いを読み取る丁寧なヒアリング、
本人も自覚してない強みを引き出して知らせて、
企業側のメリットを明確にして提示して実践し、
社会課題に根ざした活動でオファーを呼び込む。
完全に私たちが目指す支援とシンクロする。
そういう現場をつくりつつ、
活動が継続する舞台を、株式会社とNPOの特徴を生かして
マネジメントする。噛み合わせる。
言葉ではたやすい。でも具現化の道は・・。
それだけに感動的に美しかった。

午後は参加者全員での感想、意見交換。
満タンの脳内をなんとか言語化すべく
もがいた振り返りだった。
痛感したのは、自分はまだインプットが足りないこと。
無数にあるベクトルをしっかり感じつつ
自分たちの方向を見極めよう。

震災復興関係の活動をする者には節目の2020年
は、すぐそこ。
濃くて高まる2日間だった。
いい助走の号砲をいただいた。

47685078_1936274269787990_6988438362172424192_o.jpg
スポンサーサイト


NPO法人奏海の杜 | 23:17:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。