FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
経験が育てる
そういえば、1年前にも大阪で、
同じようなお題でお話しさせていただいた。
「団体運営のあり方」
今年はもう少し濃い話が出来たかもしれない。

2015年2月、必要に迫られて代表役を交代し、
悩んで教わって、模索して軌道修正して、
また信じて進むの繰り返し。
参加を促す仕組み、やっと形が見えてきた。
すると、笑顔が増えたり数字に表れたり。
全ては繋がっている。

と、母がしみじみ振り返っていると、
息子が帰宅を知らせてきた。
JR名古屋駅にたどり着けるかな?
東京駅の乗り換え大丈夫かしら?
と心配していたら、なんとハードルは地元バス!
最寄りのバス停になかなかバスが来ず、
五月雨式に乗り遅れたらしい。
斯くして、
指定券は全て無駄になる。息子あるある。
そして放った言葉は
「指定席は時間に縛られるから、
今度から自由席で行くわー」
いやむしろ、少し縛られたまえ。。

でもまぁ、1人で変更に対処して、
無事帰ってきたからいいか。
結果オーライ、案ずるより産むが易し。

こういう過程自体が育てるのは、
法人も人も同じかもしれない。
胸を張って次へ進もう。法人も息子も。
52717030_2048175645264518_9062834994078023680_n.jpg
スポンサーサイト





子ども達 | 07:53:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する