FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
新しい価値のこと
今日は保護者会だった。
法人のこれまでとこれからをお伝えした。
コロナ騒ぎで感染予防のため時短にして、
時間に追われて一方的に話をして、
親御さんの不安に寄り添えてなかったかも、
と、言葉足らずを反省した。
自戒も込めて思いを言葉にしておく。

親御さんが「ウチの子何も出来ないから」
とおっしゃった気持ち。
にこま〜るの子どもらに出会う前だったら、
自分も障害児の親だったら、
そう言ったかもしれないと思った。

何を持って「出来ない」と考えるか。
ここが私たちの行動指針にも据えた
「新しい価値を提案する」の部分とも関わる。

今の社会の大筋は、
経済効率や生産性という数字で評価され、
数字が上がらないと「出来ない」となる
ことが多い。
資本主義社会ではある程度仕方がないし、
だからこそ、高度成長期を経て、
戦後日本は荒れ野原から復活したのだろう。

でも、今はもう右肩上がりの社会ではない。
大切になるであろう「新しい価値」で、
今までの評価基準に一石を投じることが、
「誰もが自分らしく暮らせる地域」へ、
つながるのではないか、と思っている。

新しい価値って、なに?
例えば、
認め合う関係がある中で過ごすことの幸せ、
存在自体が心を豊かにするということ、
面白がる感覚、ホッとするゆとり、などなど
挙げたらキリがなくて、とても曖昧だ。
でもそれは、にこま〜るの子どもらは、
毎日毎日問いかけてくれている。

奏海の杜には厳しい状況が何度もあった。
そんな時、キリキリとなった脳を、
何度ほぐしてもらったことだろう!
彼らが発信する「新しい価値」のおかげで、
私は頑張って来れたし今の奏海があるんだろう。
『星の王子さま』にある大好きなセリフ
「大切なものは目に見えない」んだと思う。
もう50年以上前から言われているのに、
なかなか表に出ない感覚だけど、
私には大切な人生の土台だ。

新しい価値をお金に反映するには、
私達はまだまだ力足らず。
でももし奏海の理念に期待してくださるなら、
どんな障害があっても、ぜひ胸を張って、
就労の場にも関わっていただきたい。
私達も子ども達から、
まだまだ多くのことを学ばせていただきます。
スポンサーサイト





NPO法人奏海の杜 | 23:41:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する