FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
オルセー美術館展 「美術館・展覧会・ギャラリー(17112)」
30時間耐久アルコール大会から帰宅しました。
金曜日の6時からアルコールが抜けない感じ。
我ながら、なんともあきれて、愉快で、ご満悦な事態です。
この話は後ほどゆっくり。
とりあえず今は、がんばれ肝臓。( ̄ー ̄)ゞ 

オルセー美術館展に行きました。
もちろん、アルコールが入る前に。
心ある勇者が、
迷える姫に愛のチケットを配給してくれ・・・♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

お、この筋で映画撮っとく?ふふふ。
・・・さておき。

みなさんは、絵、どう見ますか?
絵を書ける人は筆運びとか色の出具合とか見るのかな。
写真をする人は構図かな。
どっちも能力皆無な私、描き手の思いを考えてしまうようです。
「何を描きたいんだろう」
そういう気持ちに思いを馳せるのが楽しいらしい。
惹かれる絵にあたっちゃったら、いきなり根も生えます。

で、拝観時間、めちゃくちゃ長い。
同伴者、めちゃくちゃ迷惑。^^;;;;;
だから絵は、基本的に一人で見に行くことにしています。
今回、数年ぶりにその機会を与えられ、羽が生えて神戸まで~~♪

あ~、洗われた~~~。
アルコール洗浄の前に。( ̄m ̄*)

今回の展覧会、絵だけでなく写真、彫刻の類も充実しておりました。
オルセー美術館って絵以外もいろいろあるんですね。
が、もったいなくも、わたくし、その辺スルー。
人の理解には得手不得手があるものです。( ̄^ ̄)
で、絵のみを、心行くまで堪能して1時間半。
時間的にもちょうどよかったです。

マネ、モネ、シャガール、ルノワール、印象派の絵はどれも心地よい。
淡い雰囲気は気持ちを和らげる。鎮める。落ち着かせる。
今回はゴッホ狙いで。
彼の作品は、印刷と実物の違いが一番鮮やかに感じられると思います。
『アルルのゴッホの寝室』
本物に会えて幸せでした。

でも一番気になったのは、誰だったかの、『月光』っての。
暗いキャンパスに地平線と雲と光だけの絵。
地味なヤツ。
だいたい、私が気に入った絵は、ポストカードなどになってないんです。
写真は撮れないし、
カタカナの作者は忘れちゃうし。

記録するマメさと、記憶出来る脳が欲しい。
でもね。
今度見たらまた、「コレ、イイッ!」新鮮に感動するだろうな。
これはこれで、お得な性質。(^m^)

子供生まれてから6年。
物理的にも気持ち的にもだいぶ遠ざかっていましたが、
やっぱ絵、好きだー。
機会を作って見に行きたいと思います。

あ、
機会作ってくれるのは、ダンナさまですが。m(_ _)m
スポンサーサイト





つれづれ | 07:26:42 | トラックバック(0) | コメント(12)
コメント
new waveさん
うんうん、懐かしいよねぇ。

>知ってる~^^ヾ
>いつもなつかしアニメで泣く所だよね~って違うか^^;

なんかもう、あーいうのは身がちぎれる思いをしちゃうよ。

>私も絵心は無いので、どうしてこの絵を描いたのか、その背景を想像しながら見るかな。

背景を想像するのって楽しい。
「私たちは何でも想像できる。何も知らないことについては」誰かが言ってったよね。
私は音声ガイドとか苦手だなー。
知識は入れないで絵を見るのが好きです。
ま、入れてもすぐ忘れちゃうしねぇ~~f^^;

>そういえばテレビ東京で「美の巨人たち」って番組があって一枚の絵について簡単な説明やお芝居を交えながらすすんでいくんだけど、これが好きなの~。

あ、HPあったよ!見入っちゃった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/
こっちではしてないのかなぁ・・・。

>でも、チビの添い寝タイムに引っかかるから最近は見てなくって。
>芸術の秋、TVでもいいから私もしたいなあ!

ウン。ホント秋は芸術鑑賞にピッタリだよね。
気候的にも気分的にも。
2006-10-15 日 20:14:23 | URL | わた姫 [編集]
sunchan-bananaさん
楽しかったですよー。

>楽しい時間を過ごせたようですね~^^

オルセー美術館展は96年、99年としていて、今回3回目らしいのですが、
私、3回とも行けてるんです。
やっぱりこういう絵が好きなんだなーって再確認しましたわ。

>続きのアルコールでリフレッシュの話も聞けるのかしら?

ハイ。書きたいことがたくさんありすぎて上手くかけるか心配ですが。
絶対残したい日記です。

>絵、私はなーんにも考えずに見る・・しかできないのでそうしてます(^^;
>思いを馳せるよりかは感じるのみです。
>でもいいなあ。オルセーに行って見たかったからうらやましい。

来年1月以降は東京でもするみたいですね。
本体は遠いけど、オルセー美術館展なら行けるかも?

>今北海道近代美術館でクレー展やってるので、絶対行きたいなと思ってます。クレー好きなんだよ~

例によって人名から想像できない私、調べてみました。
http://www2.plala.or.jp/Donna/klee.htm
ほんわかしていてあったかい作品。
sunchanのイメージだー。
2006-10-15 日 19:52:34 | URL | わた姫 [編集]
kakkonさん
ハイ!神戸に一泊おりました。
滞在時間24時間。睡眠時間+呑み時間で20時間。
そんな感じです。

>美術館。チビの影響で行く機会が出来ました。
>旦那も1度だけ入賞時に行きました。
>全く雰囲気違いで爆笑でしたが・・・。
>水彩から油絵に変わって賞をもらうような展覧会にはまだ出れませんが(号数足らず)ホンモノをいつか見せてあげたいと思っています。
>うちのチビは風景画が好きみたい。
>癒しの時間ですよね~。

チビさんは油絵をかけるのですね?いいなぁ。
私もその技術があればなぁ、
この辺、書きたい素材は山盛りなのになぁ・・・。
私も風景画好きです~。
キャンパスのどこかに生き物の息遣いが聞こえるような風景画は、ドボンとはまりますわ。
2006-10-15 日 19:43:32 | URL | わた姫 [編集]
マトちゃん♪さん
ハイ。最高に楽しい時間でした。

>30時間ですか 想像も付かないけど
>楽しかったんでしょうね というか姫様やっぱりすごいねー
>どれだけの耐久力が(笑)

いや、30時間呑み通しじゃーないですよ、念のため。
ちゃんとラーメンも食べてるし、寝てるし、帰宅もして・・・全部込みの時間です。
ただ、その間ずっと肝臓はフル回転だったかもって事でした♪

>オルセー良かったですか
>比較的近いし、やっぱり行ってみようかな
>「月光」ですか、覚えやすいし チャンスがあれば見たいなあ・・・

よかったですよ。
神戸博物館、そんなに大きくないのですね。
でもスペースをフルに使っての展示、思いのほかたくさんありました。
造形にも興味がおありでしたら、さらに楽しいかも!
『月光』、私は好きでした。
地平線に置かれた二ヶ所の光、やられました。
ちょうど絵のまん前に椅子があって、座ってしばらく固まってましたわ~。

>へー、いまどきいるんですねえ
>そういう「洒落て」「素敵で」「立派な」ダンディな勇者が (;^_^A

ね、粋でしょう?
いるんですね~、ふふふ。
いや、わたしゃ幸せ者です♪♪

>>機会作ってくれるのは、ダンナさまですが。m(_ _)m

>その通りですよね (^_^)

はい、そこんとこは押さえとかないとね。
次回のためにもね(^m^)
2006-10-15 日 19:39:54 | URL | わた姫 [編集]
* まる *さん
光って当たっているところとそうでないところ、すごく違う。
その違いに惹かれるのかなぁ。

>光彩に惹かれるのすごく分かる。
>わたしもかつて、月光がさす港の風景の大きな油絵を見て、しばらく立ち止まっちゃったことあります。(同じく画家とかどこで見たかとかすっかり忘却のかなた)

あ、私もあるかも。
同じ絵じゃないかもしれませんが、
暗い背景にボーっとヨット系の船が浮かんでいて、左上に月。
そんな感じの、覚えてますわー。

>そしてcomomoさんが書かれてるのを見て「オランダ画家のブレイトネル」ふふーん、オランダの画家は光の表現が上手なのかな?って単純に思っちゃった。フランダースの犬のルーベンスだっけ?オランダ。

へぇ~、フランダースの犬!懐かしいなぁ。
そっか、オランダつながりか。

>オルセーのホンモノの建物を見たかったなぁ。
>さて、comomoさんのリンク先見てきます。

絵自体は見えなかったね。
でもたぶん私の気になった絵は、comomoさんの探してくれた98番ですわ。
画家の名前や月光でもヒットしなかったなぁ・・・残念!
2006-10-15 日 19:31:49 | URL | わた姫 [編集]
ルーベンスは
知ってる~^^ヾ
いつもなつかしアニメで泣く所だよね~って違うか^^;
私も絵心は無いので、どうしてこの絵を描いたのか、その背景を想像しながら見るかな。
そういえばテレビ東京で「美の巨人たち」って番組があって一枚の絵について簡単な説明やお芝居を交えながらすすんでいくんだけど、これが好きなの~。
でも、チビの添い寝タイムに引っかかるから最近は見てなくって。
芸術の秋、TVでもいいから私もしたいなあ!
2006-10-15 日 18:21:37 | URL | new wave [編集]
Re:オルセー美術館展(10/14)
楽しい時間を過ごせたようですね~^^
続きのアルコールでリフレッシュの話も聞けるのかしら?
絵、私はなーんにも考えずに見る・・しかできないのでそうしてます(^^;
思いを馳せるよりかは感じるのみです。
でもいいなあ。オルセーに行って見たかったからうらやましい。
今北海道近代美術館でクレー展やってるので、絶対行きたいなと思ってます。クレー好きなんだよ~
2006-10-15 日 10:55:59 | URL | sunchan-banana [編集]
神戸まで来たの???
美術館。チビの影響で行く機会が出来ました。
旦那も1度だけ入賞時に行きました。
全く雰囲気違いで爆笑でしたが・・・。
水彩から油絵に変わって賞をもらうような展覧会にはまだ出れませんが(号数足らず)ホンモノをいつか見せてあげたいと思っています。
うちのチビは風景画が好きみたい。
癒しの時間ですよね~。
2006-10-15 日 10:22:17 | URL | kakkon [編集]
よかったねー
30時間ですか 想像も付かないけど
楽しかったんでしょうね というか姫様やっぱりすごいねー
どれだけの耐久力が(笑)

オルセー良かったですか
比較的近いし、やっぱり行ってみようかな
「月光」ですか、覚えやすいし チャンスがあれば見たいなあ・・・

>心ある勇者が、
>迷える姫に愛のチケットを配給してくれ・・・

へー、いまどきいるんですねえ
そういう「洒落て」「素敵で」「立派な」ダンディな勇者が (;^_^A
でもね

>機会作ってくれるのは、ダンナさまですが。m(_ _)m

その通りですよね (^_^)
2006-10-15 日 09:37:52 | URL | マトちゃん♪ [編集]
光の絵
光彩に惹かれるのすごく分かる。
わたしもかつて、月光がさす港の風景の大きな油絵を見て、しばらく立ち止まっちゃったことあります。(同じく画家とかどこで見たかとかすっかり忘却のかなた)

そしてcomomoさんが書かれてるのを見て「オランダ画家のブレイトネル」ふふーん、オランダの画家は光の表現が上手なのかな?って単純に思っちゃった。フランダースの犬のルーベンスだっけ?オランダ。
オルセーのホンモノの建物を見たかったなぁ。
さて、comomoさんのリンク先見てきます。
2006-10-15 日 09:08:19 | URL | * まる * [編集]
comomo♪さん
絵って、人によって見るところ違いますよね。

>教養は持ち合わせておりませんけど、
>絵はタッチをみてしまいます。これってこう描いているのね~ってね。

同じ絵を見ていても、見ているモノは違うんだろうなぁと思います。
オルセー美術館展、平日昼間だったのに、結構な人でした。
買い物帰りに寄ってる風な人もいて、
恵まれた環境だなぁと思いました。

>検索しました。
>98番月光ってありました。オランダ画家のブレイトネルってありますけど、これですか?
>並び順で記憶ございませんか?

ありがとう!
これだわ、きっと。後ろの方だったなぁという記憶しかないのだけど・・・。
2006-10-15 日 09:04:07 | URL | わた姫 [編集]
Re:オルセー美術館展(10/14)
教養は持ち合わせておりませんけど、
絵はタッチをみてしまいます。これってこう描いているのね~ってね。
検索しました。
98番月光ってありました。オランダ画家のブレイトネルってありますけど、これですか?
並び順で記憶ございませんか?
http://www.city.kobe.jp/cityoffice/57/museum/tokuten/2006/orsay.pdf
2006-10-15 日 02:58:08 | URL | comomo♪ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する