FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
ちょっと違う 「子育て奮闘記f(^_^;)(352027)」
最近フツーな日本語を操るようになってきた3歳娘。
子供の成長、嬉しくて寂しくて、親って不思議な生き物です。
以前ちょこっと書いたニアミスを、
やっぱり残しておこうと思いました。
記録に残す。思い出にすがる気持ち半分。T^T きゃー、親心。

“バッチ”は、「キティちゃんのブッチとって~」
“来客を知らせる”時は、「誰か来たよ!キンポーンって!」
そんな感じで1文字違いは日常茶飯事。

“鶏の唐揚げ”は、「私も筋肉食べたいーっ!」
“雷が鳴ってる”時は「神々が来るよーっ!」
トリニクとキンニク、カミナリとカミガミ、2文字違いも頻繁に。
恐れる姿にプププッてなる。
ま、ご光臨には雷鳴がつきものね。

「カンセン、カンセン!」拍手しながらうなずきながら。
観戦幹線感染は危険な感じだし、汗腺もやだな。
これは2文字違いの発展型、賛成だったり。

他にも雰囲気なお話は続く。

例えば、お絵かきしてる時。
「見て~、おさかなーっ!」見ると、“ン”カタカナでした。
ちょっと似てる?右脳活性化させてみて。

例えば、お父さんに電話してる時。
「もしもし~?今ね、私たち、まだお夕飯食べてないからね。
だから、お父さんはいつもずーーーっと会社に行っててねー」
哀愁の父。


この時期の子供、感覚で話をしている気がする。
大人の言葉をしっかり聞いて、でもわすれちゃうラスト2割。
そこを自分の語彙で当てはめる。
その思考が感じられて、ニアミスが好き。
この「ちょっと違う」が、いい。
スポンサーサイト





子ども達 | 07:25:31 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
Re:追記止め^m^
日記に書き足すの、上手く文章つなげられなかったから、止め止め^m^

「寝ころんで」を
「寝っこんで」って言うの。「そこで、寝っこんでーっ!」とか。
ふふふ、言い間違い、記録止められないよねぇ~。
2007-02-12 月 09:14:29 | URL | わた姫 [編集]
urimaruMIKIさん
>この間は「信じられないよね!」と言いたかったのか
>「死んでられないよね!」だそうで・・・笑

わははははーーーっっ!かわいいっ!ホント死んでなんかいられないね♪
ウチもも一つあったんだ。
思い出した、ありがとう。追記しちゃおう^m^
2007-02-12 月 09:11:15 | URL | わた姫 [編集]
訂正・・・
訂正。
↑の「大事にしたね」は
「大事にしたいね」の間違いでした・・・。
2007-02-12 月 09:07:11 | URL | urimaruMIKI [編集]
わははははは。
わかるなあ。
うちは「せっかく」とか「めっきり」「すっかり」
などの言葉を使いたいんだろうけれど
うまくはまってなくてとても面白い。
そして「汚す」は「よぼす」だし。
よく聞いてないと違いに気づかないくらい。
この間は「信じられないよね!」と言いたかったのか
「死んでられないよね!」だそうで・・・笑
大事にしたね、今の時期。
2007-02-12 月 09:06:22 | URL | urimaruMIKI [編集]
マトちゃん♪さん
>本音じゃないよね
>お父さん好き好きですよね
>娘はいないから、他家でもかわいく育って欲しいの(^_^;)

やだ、お父さん♪
3歳児ですよ、本音のわけないじゃーん。お父さん大好きだし。^^
たぶん、ウチはお夕飯一緒に食べるようにしているのですが、
「まだお腹空いてないから、急いで帰ってこなくてもいいよ」くらいの意味だと思います。

・・・と、信じたい。^^;;;
2007-02-12 月 08:51:33 | URL | わた姫 [編集]
ayafkさん
>大人の言う事を真似は出来るけど使い方が独創的だったりちょっと違ってたりして本当に可愛くて面白いんですよね♪
>時代が時代だったのでカセットテープとかに録音しましたよ。

ayafkさんは妹さんと年が離れているのかな。
そういうの、兄弟で出来ると楽しそうだねぇ。
ウチは兄貴も楽しむまでは行けないみたいで、
「ちがうよ!」正論で訂正しています。
カセットテープ、いいね。ビデオより、いいね。うん。
2007-02-12 月 08:49:11 | URL | わた姫 [編集]
kakkonさん
>すぐに過ぎてしまう貴重な時期なんですよね!
>残してあげたいよね~。

そういえば、6歳の息子はあまりそういうのなくなったような。
んー、この辺が境界でしょうか。
リピートくん、懐かしいなぁ。
2007-02-12 月 08:47:39 | URL | わた姫 [編集]
CandyRさん
>最後のお父さんのとこなんか、まるでそう。何度も、つたない日本語に傷つけられたことか。子供なら可愛いけどね。でも、この時期を越すと、ほんとに毛虫が蝶になるように語学を習得するんだよね。

そうなんだね。この時期ってホント悪気がないから、それが分かるから、楽しめるよね。
留学生はある程度の大人。一瞬「え?」ってなるだろうなぁ。
ホストファミリーとかは、子育て経験ある人、向いてるかもね。
2007-02-12 月 08:46:32 | URL | わた姫 [編集]
* まる *さん
>老人の忘れちゃうは再生しにくいけど、コドモのわすれちゃうのは、そのうち記憶同士が結びついて確立していくとか聞いたような・・・。

表面上は忘れても、脳が覚えてるんですね、きっと。
すごい前のことをさも昨日起きたことのように詳細に語ったりするから。
介護と子育て。手がするお世話は似ていても、精神的なものは全く違うんですね・・・。
2007-02-12 月 08:44:49 | URL | わた姫 [編集]
なんか笑えない(T-T)
>お父さんはいつもずーーーっと会社に行っててねー

本音じゃないよね
お父さん好き好きですよね
娘はいないから、他家でもかわいく育って欲しいの(^_^;)

>この「ちょっと違う」が、いい

いいの? そうなのかー
うーむ、この親にして・・・・(笑)
2007-02-11 日 21:28:35 | URL | マトちゃん♪ [編集]
面白いんですよね~(*^m^*) ムフッ
私も妹が小さかった時はそれはそれはおかしな事を教えて大爆笑していました。
大人の言う事を真似は出来るけど使い方が独創的だったりちょっと違ってたりして本当に可愛くて面白いんですよね♪
時代が時代だったのでカセットテープとかに録音しましたよ。
後から聴かされる本人は嫌やかもしれないけど(笑)
2007-02-11 日 16:31:56 | URL | ayafk [編集]
こんな時って・・・
すぐに過ぎてしまう貴重な時期なんですよね!
残してあげたいよね~。
うちのぼんくらは初めての単語を聞いたときはず~~~っと何回も何回もリピートしてました(笑)
そうして自分の中に言葉を取り込んでいったんでしょうね。
“リピート君”って行ってましたよ。
不思議言葉は今でも家族の話題に登りますよ(笑)
2007-02-11 日 10:00:26 | URL | kakkon [編集]
語学習得時にも似てる・・・
なんだか、わかるわ。留学生といっしょに暮らしている、まったくといっても過言ではない同様な自体が起きます。最後のお父さんのとこなんか、まるでそう。何度も、つたない日本語に傷つけられたことか。子供なら可愛いけどね。でも、この時期を越すと、ほんとに毛虫が蝶になるように語学を習得するんだよね。

最近では、26歳の青年「●ちゃん、かわいそう、かわいそう」って笑っている・・・あまりに信じて使っているので「かわいい、かわいい」でしょ・・って訂正するのも大変だったわ。
2007-02-11 日 09:46:43 | URL | CandyR [編集]
わすれちゃう
老人の忘れちゃうは再生しにくいけど、コドモのわすれちゃうのは、そのうち記憶同士が結びついて確立していくとか聞いたような・・・。
未来のあるコドモってすばらしいわT.T
同じ忘れるても家の場合は・・・・・とほほ、笑い飛ばすしかないわ^^;
2007-02-11 日 08:45:32 | URL | * まる * [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する