FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
中国雑技団 「子育て奮闘記f(^_^;)(352027)」
先日、子ども会で親子旅行があった。
行き先は近所のホテル、車で五分。
休前日には関東地方の大型バスがズラリとならび、
そこそこ繁盛している。

あるんだよ、こんな施設が。この町にも。^^;

でもね。
位置的には、町内繁華街からも町民の生活からも、
少し離れたとこにある。
あわびの踊り焼きディナーも、海を見渡せる露天風呂も、
「わたしゃ関係ないさーby町民A」ってな感じ。
でも、そういうところは町の財産。
ぜひいい関係でありたいもの。^m^
ってなわけで、今回の子ども会企画になった。

プールに温泉にゲームコーナーに昼食バイキング。
初めて行く子供たちも多く、輝く目が印象的だった。
この辺の子供は、刺激に対してすごく敏感。
やがて「ナイ」ことに疑問を感じ、「アル」ものにも気づき、
それらのフラストレーションをばねに、
大きく羽ばたいて欲しい。

「欲求」は、大きな活力源だと思うんだ。


昼食バイキングの前に、中国雑技団のショーを見た。
空中技や乗り系、跳ね系、感嘆が尽きない時間だった。
一番ビックリは、軟体系。
伏臥上体反らしで股の間から顔が出るんだよ。
あり得ない。^^;

だけど、
一番まぶたの裏に焼きついているのは、少女。
バッチリメイクの女人達に混じって、素肌で勝負。
日本では義務教育の期間じゃないかなってくらい幼い。
微笑むホッペがあどけない。
彼女が、
男のヒトの頭の上で、自分の頭にお椀を乗せて、伏臥上体反らしをしていた。

居並ぶ小学生の母親、彼女をどう見たんだろう。
私は・・・。(゜ーÅ)
祖国を離れてまで躍らせる、あの子の「欲求」はなんだろう。

日本円って、まだそんなに力持ち?
スポンサーサイト





つれづれ | 00:52:13 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
みね(*^^)vさん
>今度メッセしようと思ったんだけどさ、
>来年の2月だったかな、1泊することになりそうです。

なになに?中国に?いや、わが町に?!!!
だよね。
うわーーー、こりゃ大興奮だわ。宴会を催さなければ。
いや、宴会しに来るんだよね。私、見事に慌ててる。

ぜひ、お茶しなくちゃ。ホテルのロビーででも。

>私も参加することになり、毎月お金を徴収されています。

そちらからずっとバス?お金かかるでしょう。
遠いからねぇ・・・。でも嬉しいな♪♪
2007-07-24 火 13:14:53 | URL | わた姫 [編集]
ももんが1225さん
>スーパーで会う彼らにそんな技があったのか。

よく会うよね。
てくてくてくてく、歩いてるよね。

>一度見に行きたいと思っている。
>実は娘を入れたいとも・・・(半分本気、あ、体操クラブ的にね)。

彼女達、英才教育をウケているらしいですぞー。
いそがねば。^^;;;

>彼女「ここは日本じゃない。」と言われたそう。
>日本=大都会なんだなぁ。

ある意味、的を射ているのかも^m^
「パスポートで来たら納得もできる!!!」って思ったことは何度かあるわ。
あ、大丈夫。今は平和^^;
2007-07-24 火 13:11:55 | URL | わた姫 [編集]
実はそこ・・・
今度メッセしようと思ったんだけどさ、
来年の2月だったかな、1泊することになりそうです。
職場でね“ふるさと研修会”って名目の旅行があって
毎年、定年を迎えられる方のふるさとへ行くんですわ。
で、今回、主役の方にはかなり世話になっているので
私も参加することになり、毎月お金を徴収されています。
2007-07-24 火 13:09:16 | URL | みね(*^^)v [編集]
Re:中国雑技団(07/24)
スーパーで会う彼らにそんな技があったのか。
一度見に行きたいと思っている。
実は娘を入れたいとも・・・(半分本気、あ、体操クラブ的にね)。

日本は、いろいろやってきているからね・・・。
以前、雑技団の女の子と飲んだという人から。
彼 「日本はどう?」
彼女「ここは日本じゃない。」と言われたそう。
日本=大都会なんだなぁ。


2007-07-24 火 12:37:14 | URL | ももんが1225 [編集]
CandyRさん
>文化ってさーそうだよね。
>住んでみないとだよね。
>と、コメントにコメントでごめん。

だよねー。
しかも数年住んだだけじゃ、わかり得ないかもしれない。
と、最近ヒシヒシ感じます。

>あの軟体系の技術は、わたしも子供のとき何度か言って驚いて家に帰ってまねてたけど、1%もまねできなかったわ。すごいねえ。

かつて体操部。わたくしも軟体系でした。
股の間から・・は不可能でしたが^^;
それが今や。うぅ。腹筋だけでも続けなくちゃ!
2007-07-24 火 12:32:46 | URL | わた姫 [編集]
すんでみないと
文化ってさーそうだよね。
住んでみないとだよね。
と、コメントにコメントでごめん。

あの軟体系の技術は、わたしも子供のとき何度か言って驚いて家に帰ってまねてたけど、1%もまねできなかったわ。すごいねえ。
2007-07-24 火 11:03:52 | URL | CandyR [編集]
こ~ちゃん3325-すさん
>以前、夏休みに大きな展示会場でボリショイサーカスの少女を見た時に同じ事思ったわぁ。(゜ーÅ)
>彼女は大きな1輪車に乗りながら皿回しとか綱渡りだったよぉ。

やっぱり母親としての目になっちゃいますよね。
でもマト兄が教えてくれたように、
ロシアでもボリショイに入るってのは名誉なことなのかも~~。
一輪車、この辺の小学生内でも人気らしいです。

>そんなの見るより学童保育の時に父母が企画したアマチュアの人の手品や南京玉簾の方が絶対に面白かったな。

アドレスありがとう~!
すごい楽しそうでした。親子で楽しむのに手品ってちょうどいいな♪♪
で、写真の女の人はこ~ちゃん?イメージなのですが^^;;;

>そうそう!立ち読みだけど見たよ、雑誌^^
>穴あくかと思う程、ジーーーって見ちゃった♪やるねぇ。

ありがとうございます~!
書店では次の号になってますね。
また機会があれば宣伝させていただきまーーす!!m(_ _)m
2007-07-24 火 10:28:40 | URL | わた姫 [編集]
マトちゃん♪さん
>姫様、彼女られっきとしたプロですからね
>雑伎団って学校出てないと雇ってくれないそうですから、エリート中のエリートでしょ

そっかー!誇らしいことなんだ。
そんな小さい頃からプロになっちゃうんですね。
今、雑技団のHP見たら12才で来日とか平気で書いてありました。
やっぱ4000年の歴史は違うわー。

>ピアノ、バイオリンのプロみたいなものですよ
>中国の文化慣習の中では、世界に通用する仕組みじゃないかなあ

なるほど。
あの少女は、尊敬する対象でこそあれ、哀れむ対象ではないということだ。
中国では。
・・・むぅ。しかしやっぱり日本のわたおばちゃんは・・・(゜ーÅ)

大学では文化について考えていたのですが、
それは、結局、住んでみないとわからないなと。
もっと言えば、人生ある程度たってしまってからでは、
住んで住みきって、体がなじんでやっとわかるかもしれないってレベルかも。
・・・東北へ来た私にも言えるなぁ・・・T^T

>いずれにせよ、良い場所で良いものみましたですねー

はい♪♪今年の夏のコンセプト「本物体験」続行中♪
2007-07-24 火 10:19:33 | URL | わた姫 [編集]
kakkonさん
>うちの町もないものだらけ・・・。
>しかし人工だけど自然が素晴らしい!!(海・公園)
>町内でいるとなかなか気付かないんだけどね。

そうそう、ずっと中にいると気づかないんですよね。
姉さんの町も、小さい町なのですね。
でも、私、ドンドン北上してきて知ったことは、
関西では、そこになくても、少し行けばある。
関東以北は、「ない」とずーーーーっとないです。
いや、その規模の違いにビックリしました。
東海道新幹線と東北新幹線の景色の違いがわかりやすい!

>どこかにいって帰り道にはいつも“いいところに住んでるんだ~”ってね。

自分の住んでいる町を好きになれるって素敵なことですよね。

>小さい頃悪さをしたら“売り飛ばす!”って親に言われたな~。

そういう、ちょっと近くの遠いところっていい。
侵すことの出来ないというか、不思議なというか、
そういうところがあると・・・
親は便利^^;
2007-07-24 火 10:08:44 | URL | わた姫 [編集]
* まる *さん
>外(国外)に出られる手段を持った、というのが大きな「収穫」だと考えるしかないなぁ・・・

ちょっと違うんだけど、
この辺、結婚斡旋とか多いらしいの。
詐欺まがいのことも日常茶飯事。ひっかかる日本男児も情けないけど。
アジアの人にとっての日本ってどういうものなのかなぁって考えちゃった。

>ドラリオンでも10歳になるかならないかという中国人女子が最初の演技だったよ。やはり超軟体&片手逆立ち開脚のまま頭に血が上らないかと心配する間もないほど凝視させてくれました^^;ポーズをどんどん変えるのよ。

そうそう。その子も頭上でいろいろクネクネやってた。
で、決めポーズは伏臥上体そらし^^;

>本日は快晴ね!これから雑巾がけ!

いい天気だよね!
今、子供達を送って行って、家。
今日は外へ出る仕事がないの^^)v
ハウスキーピング励むわー!
2007-07-24 火 10:01:02 | URL | わた姫 [編集]
私は
以前、夏休みに大きな展示会場でボリショイサーカスの少女を見た時に同じ事思ったわぁ。(゜ーÅ)
彼女は大きな1輪車に乗りながら皿回しとか綱渡りだったよぉ。
そんなの見るより学童保育の時に父母が企画したアマチュアの人の手品や南京玉簾の方が絶対に面白かったな。
http://www.geocities.jp/himawari_club_fukuzumi/gyouji/2006-1-23/magic.html

そうそう!立ち読みだけど見たよ、雑誌^^
穴あくかと思う程、ジーーーって見ちゃった♪やるねぇ。
2007-07-24 火 09:54:39 | URL | こ~ちゃん3325-す [編集]
いやいや
姫様、彼女られっきとしたプロですからね
雑伎団って学校出てないと雇ってくれないそうですから、エリート中のエリートでしょ

ピアノ、バイオリンのプロみたいなものですよ
中国の文化慣習の中では、世界に通用する仕組みじゃないかなあ

いずれにせよ、良い場所で良いものみましたですねー
2007-07-24 火 08:10:15 | URL | マトちゃん♪ [編集]
わかる!
うちの町もないものだらけ・・・。
しかし人工だけど自然が素晴らしい!!(海・公園)
町内でいるとなかなか気付かないんだけどね。
どこかにいって帰り道にはいつも“いいところに住んでるんだ~”ってね。

雑技団。
昔のサーカスを思い出します。
小さい頃悪さをしたら“売り飛ばす!”って親に言われたな~。
今はそんなんじゃないんだろうけどね。
2007-07-24 火 08:04:42 | URL | kakkon [編集]
その女の子も
外(国外)に出られる手段を持った、というのが大きな「収穫」だと考えるしかないなぁ・・・

ドラリオンでも10歳になるかならないかという中国人女子が最初の演技だったよ。やはり超軟体&片手逆立ち開脚のまま頭に血が上らないかと心配する間もないほど凝視させてくれました^^;ポーズをどんどん変えるのよ。

本日は快晴ね!これから雑巾がけ!
2007-07-24 火 07:46:18 | URL | * まる * [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する