FC2ブログ
 
■プロフィール

わたひめ

Author:わたひめ
高校3年生の天然息子と、中学3年生の小姑娘の母親です。
関西出身東北在住17年目、笑門来福、日々是精進の日記です。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■カウンター

■検索フォーム

■リンク
■ブロとも申請フォーム
どっちが大きい? 「子育て奮闘記f(^_^;)(352028)」
なんの話からなのか、気づくと、
娘と息子が「大きさ」について話し合っていた。
4歳と7歳、もういっちょまえの会話になっている。
けど・・・。^m^

妹「牛乳よりも大きい?」
兄「もっともっと大きいさー」
妹「じゃ、パンよりも?」

比較する物は食物ばかり。
そういえば、彼女の基準はいつも食べ物だ。
「ミカンより丸い?」「ご飯より白い?」
さすが食欲大魔王。

・・・会話の続き・・・
兄「もっともっと!」
妹「じゃ、月よりも?」

パンの次が“月”だから。
飛躍に4歳児の柔らか脳を感じるね。
と思ったら・・・

兄「そりゃそーさー、月なんてコレくらいだからね」
右手の親指と人差し指で丸を作って。Σ(ノ°▽°)ノ
妹も「そっかー」って。

天体って想像の世界だもんね。
子ども、未知が多くて楽しいだろうなぁ。
私もそうだったはずなのに。
「知らない」って未来があってワクワクする。
子ども時代のこの感覚、大事だなと思う。

今度、遠近感の話から入るかな。^m^
スポンサーサイト





子ども達 | 04:42:02 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
マトちゃん♪さん
>子供の考え方はどこまでも飛翔しますね
>その気持ちさえ持ち続ければ素晴らしいユニークなお子さんになりますよね

エジソンが子供の頃は理解されなかったって話を読んだらしいです。
だから「大丈夫♪」だって!!!
あ~~~~~~~~~~~~~~~。あいつはホント、能天気。

>それがいいかどうかは知りませんが(^_^;)

ユニークな人、天才は紙一重らしいですものね。
あ~~~~~~~~T^T
2008-02-08 金 16:38:48 | URL | わた姫 [編集]
そういう意味では
子供の考え方はどこまでも飛翔しますね
その気持ちさえ持ち続ければ素晴らしいユニークなお子さんになりますよね

それがいいかどうかは知りませんが(^_^;)
2008-02-06 水 19:31:11 | URL | マトちゃん♪ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する